HONDA CBR250R

隔月連載このバイクに乗ってみたい!
怒涛のニューモデル特集

No.
148
隔月連載このバイクに乗ってみたい!怒涛のニューモデル特集

この企画に登場しました!

ts_148_cbr250r_01

CBR1000RRのイメージを踏襲したフルカウルスポーツ

今年4月、CBR250Rがマイナーチェンジを受け外観のイメージがガラリと変わった。デビュー時のモデルはV字型の1灯式ヘッドライトが採用され、どちらかというとVFR系のイメージだったのだが、新型は2灯式。CBR1000RRイメージがグッと強調されることとなったのである。またデザインだけではなくエンジン内部や吸排気系の部分にも手が加えられており、従来モデルよりも最高出力が1kWアップしている。

DETAIL

ts_148_cbr250r_02

兄貴分のCBR1000RRを連想させる、レーシーかつ躍動感あふれるカウルデザイン。単なる形状変更ではなく、防風性や空気抵抗も考慮された設計となっている

ts_148_cbr250r_03

兄貴分であるCBR1000RRの意匠を受け継いだヘッドライトまわり。一眼式ヘッドライトだった従来モデルに比べ、スポーティな印象が格段に強くなっている

ts_148_cbr250r_04

スポーティな雰囲気を放つセパレートハンドルを採用。バーハンドルに比べグリップ位置はやや低いが、キツい前傾姿勢や窮屈感はなく、扱いやすい設定となっている

ts_148_cbr250r_05

上部にアナログ式タコメーター、下部に速度などを表示する液晶メーター、そして左右にインジケーターが振り分けられたメーターまわり。液晶画面はオレンジ色に発光する

ts_148_cbr250r_06

シートまわりのデザインはCB250Fと共通だ。タンデムシートの座面が広めに確保されているのでタンデマーも困らないし、荷物を載せる際にも使いやすいだろう

ts_148_cbr250r_07

シート下には収納スペースが設けられているが、小物が入れられる程度で、決して広いとはいえない。ただしこれは、近年のスポーツバイクとしては標準的なもの

ts_148_cbr250r_08

シャープなデザインのタンデムグリップが装備されている。下側にはフックも付いているので、荷物を固定するネットなどを引っかける際にも便利だろう

ts_148_cbr250r_09

タンデムステップ部にはロープやフックを引っかけられる突起が付いている。荷物などを積む際は、後ろの“かけどころ”はグラブバー、前側がココになるだろう

SPECIFICATIONS※[]のデータはABS ※【 】内はロスホワイト

全長×全幅×全高
2,035×720×1,120mm
軸間距離
1,380mm
シート高
780mm
車両重量
161[164]kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒・249cm3
最高出力
21kW(29ps)/7,500rpm
最大トルク
23N・m(2.3kgf・m)/7,500rpm
タンク容量
13L
価格
49万8,960円 [54万9,720円]【51万5,160円 [56万5,920円]】

※記事の内容はNo.148(2014年7月24日)発売当時のものになります

足つきやスタッフのインプレッションなど、より詳しい情報は本誌でチェック!