SUZUKI GSR250

特集ライダーの“定番スポット”に行ってみよう。
高野龍神スカイライン

No.
150
特集ライダーの“定番スポット”に行ってみよう。高野龍神スカイライン

この企画に登場しました!

ts_150_gsr250_01

GSR250は、エッジの効いたストリートファイター的デザインを持つネイキッド。しかし250ccクラスとしては大柄なボディを持ち、乗り味もどちらかといえばドッシリとした傾向。ヒラヒラという走りよりは、ひとクラス上の排気量のような、落ち着いたライディングが似合うバイクだ。ちなみに9月18日にはフルカウル仕様の“GSR250F”がリリースされ、これでネイキッド・ハーフカウル・フルカウルと3タイプがラインナップ。これからもGSR250シリーズは250ccクラスで存在感をアピールし続けるだろう。

ts_150_gsr250_02

今回使用したのは、ちょっと硬派な赤×黒のカラーリングを採用したモデル。この配色はヨシムラのレースマシンに使われていることもあり、スポーツ性が際立つ印象だ

ts_150_gsr250_03

中央部に置かれているのはアナログ式のタコメーターで、まるでスーパースポーツのようだ。タコメーターの横に、液晶の多機能メーターがセットされる

ts_150_gsr250_04

不快な振動が少なくスムーズに吹け上がる並列2気筒エンジン。2本出しのマフラーや、グッと左右に張り出すような形状のエキパイもルックス的にアピール度が高い

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
2,145×760×1,075mm
軸間距離
1,430mm
シート高
780mm
車両重量
183kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークOHC2バルブ並列2気筒・248cm3
最高出力
18kW(24ps)/8,500rpm
最大トルク
22N・m(2.2kgf・m)/6,500rpm
タンク容量
13L
価格
47万6,280円(単色は45万6,840円)

※記事の内容はNo.150(2014年9月24日)発売当時のものになります

足つきやツーリングの様子など、より詳しい情報は本誌でチェック!