SUZUKI GSR250

特集ライダー力検定
ツーリングのプロデュース力

No.
151
特集ライダー力検定ツーリングのプロデュース力

この企画に登場しました!

no_151_gsr250_01

最近、フルカウル仕様もリリースされて、ラインナップがズラリと出そろったGSR250ファミリー。フルカウル仕様も今後の誌面ではぜひ紹介していくつもりだが、今回は原点であるネイキッド仕様にあらためて注目してみたのである。GSR250の魅力は、一クラス上のゆったりとしたボディサイズと、並列4気筒並みに振動の少ないエンジン。ライバルモデルよりも抑え目な価格設定で、リリース以来好調な売れ行きとなっている。

no_151_gsr250_02

このモデルのために設計された、並列2気筒エンジン。バランサーを内蔵しているので、並列4気筒並みの低振動を実現している

no_151_gsr250_03

今回使用したのは、赤×黒バージョン。いかにもスズキらしさを感じるグラフィックスで、250㏄ながら注目度も高い

no_151_gsr250_04

中央の大型アナログメーターはタコメーター。その右側に液晶画面を配置し、ツイントリップやギヤポジションインジケーターを採用する

no_151_gsr250_05

2本出しのマフラーもGSR250の特徴の一つだろう。ド迫力のリヤビューは、とても250㏄クラスとは思えないほどインパクトがある

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
2,145×760×1,075mm
軸間距離
1,430mm
シート高
780mm
車両重量
183kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークOHC2バルブ並列2気筒・248cm3
最高出力
18kW(24ps)/8,500rpm
最大トルク
22N・m(2.2kgf・m)/6,500rpm
タンク容量
13L
価格
47万6,280円(単色は45万6,840円)

※記事の内容はNo.151(2014年10月24日)発売当時のものになります

足つきや特集企画の様子など、より詳しい情報は本誌でチェック!