YAMAHA MT-09

特集人気モデルインプレッション大会!
実走インプレ#02

No.
152
特集人気モデルインプレッション大会!実走インプレ#02

この企画に登場しました!

no152_mt-09_01

なんといってもエンジンが特徴だ

走り出す前に、それぞれの車両にはどんな特徴があるのか紹介していこう。まずMT-09だが、このバイクには“並列3気筒エンジン搭載”という大きなアイデンティティがあるのだ。現在の国内ラインナップでは、並列3気筒というのは非常にレアなので、まずはココが大きな特徴と言えるだろう。また“軽さ”についても相当に追求されているバイクで、846ccで188kg(ABSなし)という車重は驚異的な数字だ。
MT-07との違いという点でいうと、MT-09は走行モードを切り替えることが可能。オールマイティなSTDモード、アグレッシブなAモード、マイルドなBモード。切り替えることでエンジン特性を変化させられるのだ。

no152_mt-09_02

メーターユニットは独特な多角形型。中央に速度が表示され、エンジン回転数は液晶上部にバーグラフ式で表示される。また、残燃料、時刻、平均燃費なども表示される

no152_mt-09_03

MT-09を語るうえで外せない3気筒エンジン。排気量が約850ccということを考えると、とても小さく、コンパクトに作られている。エキパイの取りまわしと、ショートタイプのマフラーも特徴

no152_mt-09_04

フロントフォークには、バネ下重量の軽減と高剛性を期待できる倒立式を採用。ゴールドのアウターチューブは、見た目のスペシャル感も漂わせる

no152_mt-09_05

ブレーキには、タッチとコントロール性の向上、そして、制動力の安定化を期待できる、対向4ポットのラジアルマウントキャリパーが装備されている

no152_mt-09_06

MT-09のスタイリッシュな個性を引き立てるヘッドライト。ウインカーは、オフロードバイクのように、ヘッドライトよりも高い位置に付いているのが印象的

no152_mt-09_07

エンジン特性のモード切り替えボタンなどが配されたハンドルスイッチ部。セルスターターはボタンを押すのではなく、下へスライドさせるタイプ。キルスイッチは上へスライドさせる

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
2,075×815×1,135mm
軸間距離
1,440mm
シート高
815mm
車両重量
188[191]kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC4バルブ並列3気筒・846cm3
最高出力
81kW(110ps)/9,000rpm
最大トルク
88N・m(8.9kgf・m)/8,500rpm
タンク容量
14L
価格
84万9,960円[89万9,640円]

※記事の内容はNo.152(2014年11月22日)発売当時のものになります

インプレッションや足つきなど、より詳しい情報は本誌でチェック!