KTM RC390

特集人気モデルインプレッション大会!
実走インプレ#05

No.
152
特集人気モデルインプレッション大会!実走インプレ#05

この企画に登場しました!

no152_rc390_01

スモール・デュークの次はフルカウルモデルが登場!

“READY TO RACE”を掲げるオーストリアのバイクメーカー・KTM。オフロードモデルを筆頭に、そのままレースへ参戦可能なハイスペックを誇るのが特徴だけど、近年はミドルクラスモデルを多数リリースする、海外ではめずらしいメーカーだ。先にデビューしたスモール・デュークシリーズ(390/200/125)は、なんと共通フレームに排気量の異なるシングルエンジンを積んだネイキッドバイクで、デビュー以来高い人気を集めている。そしてこの度、そのデュークのエンジンとフレーム、足まわりを共用したフルカウルスポーツ・RC390/125が満を持して登場した。今回レポートするRC390は、デューク同様、125と390のフレームが同じだから、とにかくコンパクトで軽いのが特徴と言える。そしてそのオリジナリティあふれるスタイリングが強い個性を放っている。乗り味は? デュークとどう違う? そんな気になるRCの魅力を探ってみよう。

no152_rc390_02

390デュークと共通の水冷単気筒エンジン。低中速からねばり強く、高回転までスムーズに吹け上がる。パワフルだけど持てあまさない、ちょうどいい排気量で扱いやすい

no152_rc390_03

このトラスフレームもデュークシリーズやRC125と共通。デザイン的な特徴として個性を放っているだけでなく、軽くしなやかなフレームが軽快感につながっている

no152_rc390_04

セパレートハンドルは、垂れ角が浅くしぼり角も開き気味で、予想していたよりも姿勢はツラくない。ただ、女性はレバーの位置が少し遠く感じる人がいるかもしれない

no152_rc390_05

急ブレーキをかけたときなどにタイヤがロックするのを防いでくれるABSを、前後ブレーキともに標準装備する。万が一の際に備えがあるのはやっぱり安心感が高い

no152_rc390_06

パッと見、硬そうに見えるシングルシートカウル風のタンデムシートは、触ってみると実はやわらかい。裏側にくぼみが設けてあり、タンデマーのつかみどころになっている

no152_rc390_07

メインシートを外すと右端にヘルメットホルダーが備わる。荷かけフックなどの装備はないけれど、純正のシートバッグなどツーリング向け純正オプションも用意されている

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
1,995×705×1,099mm
軸間距離
1,340±15mm
シート高
820mm
車両重量
約147kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒・375cm3
最高出力
32kW/9,500rpm
最大トルク
35N・m/7,250rpm
タンク容量
10L
価格
63万7,000円

※記事の内容はNo.152(2014年11月22日)発売当時のものになります

インプレッションや足つきなど、より詳しい情報は本誌でチェック!