HONDA CB400F

特集ビギナーのためのメンテナンス講座
実践編 調整&メンテにチャレンジ!

No.
153
特集ビギナーのためのメンテナンス講座実践編 調整&メンテにチャレンジ!

この企画に登場しました!

no153_cb400f_01

ビギナーが乗って楽しい扱いやすさがコンセプト

新開発の水冷2気筒エンジンを搭載し、2013年にニューモデルとして同時にリリースされた3機種のうちの1台であるCB400F。V字型フロントフェイスやタンクシュラウドを装備し、ストリートファイター然としたスタイリングが特徴的だが、そのコンセプトはズバリ“日常での扱いやすさ”。ハンドルバーはやや手前に設定されて腕やヒジに余裕があり、乗っても降りても取りまわしやすい。3車種共通のエンジンはとても静かで低中速域のトルクも十分。そのうえ、加速するとパワフルに高回転まで回る。ただし、あくまでもやさしい力強さといった感じで、ビギナーにも乗りやすい特性だった。扱いやすさと走らせる楽しさをあわせ持つ、エントリーモデルとしてもオススメの1台だと思う。

no153_cb400f_02

新開発の水冷4ストローク並列2気筒エンジン。中低速域からトルクがあり街中でも扱いやすく、さらに高回転まで力強い加速をみせる

no153_cb400f_03

精悍なイメージのV字型フロントフェイスと、一体感のあるタンクシュラウドを採用。アグレッシブなストリートファイタースタイルだ

no153_cb400f_04

中央にスピード、周囲にバーグラフで回転数が表示されるオールデジタルメーター。パネルライトの色は3車種で異なり、CB400Fはブルー

no153_cb400f_05

シートカウル下に左右1ヶ所ずつ積載用のフックを装備。タンデムステップステーのかけどころとあわせて積載時に重宝してくれるだろう

SPECIFICATIONS※[]のデータはABS

全長×全幅×全高
2,075×780×1,060mm
軸間距離
1,410mm
シート高
785mm
車両重量
190[192]kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC 4バルブ 並列2気筒・399cm3
最高出力
34kW(46ps)/9,500rpm
最大トルク
37N・m(3.8kgf・m)/7,500rpm
タンク容量
15L
価格
66万7,440円[71万8,200円]

※記事の内容はNo.153(2014年12月24日)発売当時のものになります

調整&メンテナンスの様子は本誌でチェック!