YAMAHA MAJESTY

連載野中沙織の超ビギナー卒業への道!! 第4回

No.
153
連載野中沙織の超ビギナー卒業への道!! 第4回

この企画に登場しました!

no153_majesty_01

「乗りやすい」「足着きがいいから不安感がない」と、さおりんも絶賛するヤマハのマジェスティ。現行モデルは2012年にマイナーチェンジを受けており、フロントまわりのデザインがガラリと変わった。
マジェスティの特徴は、やはりそのスタイリッシュさだろう。どちらかというと“日常のアシ”といったイメージが強かったビッグスクーターの世界に、“スポーツセダン”という価値観を提案したマジェスティは、現在でもそのスタイリッシュさと上質なイメージを失なっていない。車体はスリム&スマートなデザインとなっており、これが足着き性のよさにも貢献している。メカニズム的には、“YCC‐AT”という独自のトランスミッションを採用していることも特徴で、スポーツバイクのような走りをオートマチックで楽しむことができる。

no153_majesty_02

ヘッドライトはプロジェクタータイプの2眼式。カウルの奥からギョロッとした目がのぞく顔つきは、YZF-R1にも通じるものがあり、スポーティなイメージ

no153_majesty_03

シートは観音開きで開くというレアな方式を採用するが、これが非常に荷物を収納しやすくて便利。ちなみに容量は約60リットルで、フルフェイスヘルメット2個を収納可能

no153_majesty_04

フロント部分は、やはり左右に収納スペースを確保する。ちなみにマジェスティのキーは、近付くだけで操作できるようになる“スマートキー”を採用している

no153_majesty_05

中央部にスピードメーター、左にタコメーター、右には液晶画面を配置。YCC-ATにより任意のシフトダウンが可能なので、タコメーターを見るシーンも多いだろう

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
2,175×770×1,185mm
軸間距離
1,550mm
シート高
700mm
車両重量
188kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークOHC 4バルブ 単気筒・249cm3
最高出力
14kW(19ps)/6,500rpm
最大トルク
22N・m(2.2kgf・m)/5,000rpm
タンク容量
12L
価格
72万2,520円

※記事の内容はNo.153(2014年12月24日)発売当時のものになります

さおりんの奮闘の様子は本誌でチェック!