YAMAHA TRICITY

特集バイクがあればこんなに楽しい
“マスツーリング”の世界

No.
157
特集バイクがあればこんなに楽しい “マスツーリング”の世界

この企画に登場しました!

no157_tricity_01

快適な乗り心地で舗装路でもジャリ道でもおもしろい

凸凹道やジャリ道を走ると、それによる振動はあるけれど、かなりの安定感があって、ステップボードに立ってジャリ道を走ってみても怖いという不安がほとんどないのにビックリ。また、ウェット路面&ワインディングでの走行でも、3輪がしっかりと路面をとらえてくれて、とても安心感があって好印象。スロットルの開け始めは、ややもったりしている印象でゆっくりした加速だけれど、スピードを上げていくと、軽快に、そして右に左にヒラヒラと機敏に動いてくれるので楽しかった!

no157_tricity_02

フロント2輪・リヤ1輪という車体構成だが、車体を傾けて(リーンして)曲がることができ、違和感のないライディングを楽しめる

SPECIFICATIONS※[ ]内はABS仕様

全長×全幅×全高
1,905×735×1,215mm
軸間距離
1,310mm
シート高
780mm
車両重量
152[156]kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークOHC 2バルブ 単気筒・124cm3
最高出力
8.1kW(11ps)/9,000rpm
最大トルク
10N・m(1.0kgf・m)/5,500rpm
タンク容量
6.6L
価格
35万6,400円[39万9,600円]

※記事の内容はNo.157(2015年4月24日)発売当時のものになります

ツーリングの様子など、より詳しい情報は本誌でチェック!