YAMAHA MT-09

巻末企画バイク業界の2大トレンドに注目する!! その1“共通プラットフォーム”って、何なのよ?

No.
162
巻末企画バイク業界の2大トレンドに注目する!! その1“共通プラットフォーム”って、何なのよ?

この企画に登場しました!

no162_mt-09

新開発の並列3気筒エンジン・徹底的に軽量化した車体・ネイキッドとモタードの異種混合デザイン…などが特徴の、個性が際立つロードスポーツモデル。エンジン特性を3つのモードから選ぶことも可能だ。2013年から欧州市場へ投入され、日本では2014年4月から発売。ABSを装備しないモデルと、約5万円高のABS搭載モデルがリリースされている。

SPECIFICATIONS※[ ]のデータはABS

全長×全幅×全高
2,075×815×1,135mm
軸間距離
1,440mm
シート高
815mm
車両重量
188[191]kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC4バルブ並列3気筒・846cm3
最高出力
81kW(110ps)/9,000rpm
最大トルク
88N・m(8.9kgf・m)/8,500rpm
タンク容量
14L
価格
84万9,960円[89万9,640円]

※記事の内容はNo.162(2015年9月24日)発売当時のものになります

MT-09 TRACERとの詳しい比較は本誌をチェック!