HONDA GROM

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
168
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

企画を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.168(2016年3月24日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ
no168_grom_01

二代目は角張ったロードスポーツイメージ

カワサキのZ125プロを追うかたちで大阪/東京モーターサイクルショーで発表された新型グロム! 丸みを帯びたデザインから角張ったデザインにスタイリングを一新だ!

no168_grom_02

既存モデルと同じCRF250L系と同じメーターを採用。バーグラフ式のタコメーターを装備するほか、燃料計や時計、オド、ツイントリップなど機能は十分

no168_grom_03

もちろんクラッチレバーも健在!まだ国内では正式な発表はされていないが、4速リターンのギヤなどのエンジンスペックは既存モデルと同様と思われる

no168_grom_04

マクロスのバルキリー風の角張ったデザインに一新!ヘッドライトはLEDを採用して先進性もアップ!コイツはZ125プロといい勝負になりそうだ

no168_grom_05

オフロードテイストのフラット風だったシートからライダーシートがえぐり込まれた形状に変更。シート高はむしろ高くなったようだが、オシリ後部の持ち上がり感がなくなった

no168_grom_06

φ31mmの倒立フォークといった走行性能に関わる部品に変更はなさそうだが、フロントフェンダー、リヤインナーフェンダーといった細かいところまで一新

no168_grom_07

イグニッションキーをジャックナイフのようにボタンで飛び出す方式に変更。こういうギミックにときめいてしまう。フューエルキャップはヒンジ式になった

no168_grom_08

アップタイプからロードテイストのダウンタイプ異形サイレンサーに変更。おなかの下にはキャタライザーボックスを装備したが最低地上高は変わってないようだ

no168_grom_09

きちっとギヤチェンジできてスポーツ走行が楽しい124ccの空冷4ストローク単気筒を採用。ライダー&タンデムステップステーも一新されている

SPECIFICATIONS※スペックはすべてEUホンダ発表のMSX125のもの

全長×全幅×全高
1,760×755×1,010mm
軸間距離
1,200mm
シート高
765mm
車両重量
101.7kg
エンジン型式・排気量
空冷4ストローク OHC 単気筒・124.9cm3
最高出力
7.2kW(9.8ps)/7,000rpm
最大トルク
10.9N・m(1.1kgf・m)/5,500rpm
タンク容量
5.5L
メーカー製品ページ

http://www.honda.co.jp/GROM/

※記事の内容はNo.168(2016年3月24日)発売当時のものになります