BMW G310R

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
169
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

企画を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.169(2016年4月23日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ
no169_g310r_01

普通二輪免許で乗れるBMW!

no169_g310r_02

G310Rの特徴である後傾シリンダーで、エンジン後方からエキゾーストパイプが出ている。重心が車体中央に移る、いわゆる“マスの集中化”が図れ、運動性能の向上が期待できるのだ

no169_g310r_03

ハンドルはバータイプで、メーターはLCDインストゥルメンタルパネルを採用。ガソリンタンクは意外にボリューミーでニーグリップもしやすい

no169_g310r_05

フロントブレーキはABSが導入され、φ300mmローター(リジッドタイプ)とラジアルマウントキャリパーの組み合わせだ。フォークは倒立を採用する

no169_g310r_06

スイングアームはアルミ製で、安定性を意識して開発したという。リヤショックはリジッドマウントのモノとなり、油圧プリロードアジャスターを装備

SPECIFICATIONS※数値はEU届出値で日本仕様とは異なります

全長×全幅×全高
1,988×896×1,227mm
軸間距離
1,374mm
シート高
785mm
車両重量
158.5kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒・313cm3
最高出力
25kW(34ps)/9,500rpm
最大トルク
28N・m(2.8kgf・m)/7,500rpm
タンク容量
11L
価格
未定
メーカー製品ページ

http://www.bmw-motorrad.jp/jp/ja/bike/urban/2015/g310r/g310r_overview.html

※記事の内容はNo.169(2016年4月23日)発売当時のものになります