HONDA GROM

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
171
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

企画を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.171(2016年6月24日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ
no171_grom_01

旅が楽しい巡航型エンジンに遊べる車体の組み合わせが楽しい!

no171_grom_02

丸っこい旧型から、ロボット風の角張った縦2眼のデザインに一新されたヘッドライトまわり。光源には時流のLEDヘッドライトを採用している

no171_grom_03

124ccの空冷4ストローク単気筒を採用したエンジン。従来どおり4速リターン式のギヤを採用しておりスポーティな走りも楽しめる。中速からの伸びがいいキャラクターだ

no171_grom_04

アップタイプからロードテイストのダウンタイプ異形サイレンサーに変更。ライダー&タンデムステップステーのデザインも一新されるなど細部がけっこうブラッシュアップされている

no171_grom_05

φ31mmの倒立フォークといった走行性能に関わる部品に変更はなさそうだが、フロントフェンダーといった細かいデザインも一新されている

no171_grom_06

バーグラフ式のタコメーターに燃料計や時計、オド、ツイントリップと既存モデルと機能は変わらないが、バックライトの色がブルーに変更されている

no171_grom_07

イグニッションキーには、ジャックナイフのようにボタンで飛び出すギミックを新しく採用。キーのオンオフも確実にすばやくできるようになっている

no171_grom_08

全幅は755mmから730mmとなり25mmほどコンパクト化。全高も10mmほど低くなっていることから、ハンドルポジションはどうやら地味に変更されている

no171_grom_09

タンク容量は0.2リットルほど容量が増して5.7リットルに。タンクキャップも取り外し式からヒンジ式となり利便性がよくなっている。ただし、車両重量は2kg増

no171_grom_10

オフロードテイストのフラット風だったシートから、オシリ後部の持ち上がり感のあるロードバイクテイストに変更。もちろんタンデムも可能だ

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
1,755×730×1,000mm
軸間距離
1,200mm
シート高
760mm
車両重量
104kg
エンジン型式・排気量
空冷4ストロークOHC 単気筒・124cm3
最高出力
7.2kW(9.8ps)/7,000rpm
最大トルク
11N・m(1.1kgf・m)/5,250rpm
タンク容量
5.7L
価格
34万5,600円(税8%込)
メーカー製品ページ

http://www.honda.co.jp/GROM/

※記事の内容はNo.171(2016年6月24日)発売当時のものになります