HONDA CB190R

LINEで送る
Pocket

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
173
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

企画を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.173(2016年8月24日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ
no173_cb190r_01

アクセル全開が楽しい超軽量スポーツ

no173_cb190r_02

シンプルな空冷単気筒エンジンを搭載、フューエルインジェクションを装備。サイレンサーはエンジン下に配置される。ミッションが6速ではなく、5速だったのがちょっと残念

no173_cb190r_03

リヤショックは赤いスプリングのシングルタイプ。着座してもあまり沈まない硬めの設定なのは、二人乗りや荷物を多く載せる東南アジアがメインマーケットだからか

no173_cb190r_04

倒立フロントフォークやウェーブディスクなど豪華装備が与えられている。キャリパーは2ピストンタイプだ。細いスポークデザインのホイールは躍動感がある

no173_cb190r_05

リヤディスクもウェーブタイプ。スイングアームはシンプルな角パイプを採用。メンテナンスなどで重宝するセンタースタンドが標準装備されているのがうれしいところだ

no173_cb190r_06

ヘッドライトはセンターにあり上下がロー/ハイビーム。その左右にポジションランプがある。バルブはすべてLED。ウインカーも含め近未来的なデザインになっている

no173_cb190r_07

ハンドルはセパレートタイプながら高めにセットされているのでキツくない。メーターはコンパクトなフルデジタルタイプで、スピード/タコ/燃料計/時計などが表示される

no173_cb190r_08

大きく左右に張り出したシュラウドが個性となっているCB190R。タンクはシートに向かってグッと絞り込まれているのでニーグリップはしやすい。レプソルカラーが鮮やかだ

no173_cb190r_09

フレームがスリムに仕上がっているのでシートの幅も細めで足着き性もいい。ワンピースタイプでライダーが体重移動しやすい形状になっているのも好印象だ

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
1,982×744×1,041mm
軸間距離
1,356mm
シート高
771mm
車両重量
140kg
エンジン型式・排気量
空冷4ストロークOHC2バルブ単気筒・184cm3
最高出力
11.4kW(15.5ps)/8,000rpm
最大トルク
15N・m(3.57kgf・m)/7,000rpm
タンク容量
12L
価格
42万9,800円(税8%込・MSLゼファー調べ)

※記事の内容はNo.173(2016年8月24日)発売当時のものになります

LINEで送る
Pocket