HONDA REBEL250/500

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
182
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

企画を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.182(2017年5月24日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ

排ガス規制の関係で、ラインナップからアメリカン系のマシンが次々姿を消す昨今。ホンダから、アメリカンスタイルのブランニューモデルが登場。しかもこれが、見た目の予想を裏切る軽快な走りで、思わずニンマリしてしまうマシンだったのだ。

文:谷田貝洋暁/写真:関野 温

誰もが気軽に楽しめるちょうどいいサイズ感

スタイリング※写真はREBEL500

カスタムしても楽しい扱いやすいアメリカン

ありのままを書こう。初めてこのモデルの画像を見たとき、正直ピンとこなかった。アメリカンスタイルなのに、飾りっけもへったくれもない水冷エンジンを搭載。あぁ、CRF250L系と400X(海外のCB500X)系がベースか…。

 

ただ、これはあくまで“画像”のみのファーストインプレッション。後日行なわれた試乗会で実車を前にすれば、シンプルながらも、考え抜かれたデザインに気付くことになったのだ。

 

まずヘッドライト。取り付けステーがアンダーブラケットから伸びるという凝った造形を採用しているのだ。

 

「おおっ?」と思って見ていると、「あえてその位置に固定することにしたんですよ。それに実はメーターもごっそり取れちゃったりして、カスタムしやすい工夫をしているんです」と、電装まわりの開発者が声をかけてきた。

 

詳しい話を聞けば、カスタムの自由度を極力制限しないよう、いろいろなことが考えられているそう。たとえば、タンデムシートやタンデムステップなどを簡単に取り外せる工夫。またライダーシートより後ろのリヤフェンダーまわりのパーツをボルトだけでごっそり取り外してしまうことも可能なのだ。

 

タイヤチョイスひとつとっても、すでに多くの製品が選べるサイズを採用。まぁ、ぶっちゃけてしまえばハーレー用のタイヤが使えるということなのだが、ここまでカスタムをキチンと意識したモデルも今どきめずらしい。

 

そこで思い出したのが、東京モーターサイクルショーのブースで展示されていたカスタムコンセプトモデル(次項参照)。あのフルカスタム車のようなマシン、実は切った貼ったの特別な加工はいっさいナシ。基本的に“取り外し”と“交換”だけでこのスタイルが作れてしまうというからビックリである。

 

ジェネレーションYと呼ばれる、アメリカ合衆国の若い世代をメインターゲットとしたレブル。製作にあたっても若い開発者たちが集められ、何が求められているかを徹底的に探った

 

予想を裏切る軽快感Uターンもラクラクこなす!

※記事の内容はNo.182(2017年5月24日)発売当時のものになります