HONDA REBEL250/500

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
182
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

この企画に登場しました!

誰もが気軽に楽しめるちょうどいいサイズ感

排ガス規制の関係で、ラインナップからアメリカン系のマシンが次々姿を消す昨今。ホンダから、アメリカンスタイルのブランニューモデルが登場。しかもこれが、見た目の予想を裏切る軽快な走りで、思わずニンマリしてしまうマシンだったのだ

デザインのキーワードは“シンプル”&“RAW”。簡素さを追求しながらも、ヘッドライトステーの出し方にもこだわりが光る。RAWとは“未加工の素材”の意味だ

ハンドルにマウントされたメーターはいかにも取り外しやすそうだ。好みのものに交換したり、いろいろな場所へ移設したりすることを想定してのことだ

30度に寝かされたフロントフォークに2度のスラント角を設けることで、キャスター角は28度、トレール量は110mmに調整されている。これがレブルの軽快感の秘密だ

シートフレームより後ろのフェンダー類は、ボルトを数本外すだけでごっそり取り外すことが可能。とにかく自由にカスタムできるような工夫が盛り込まれている

マシンの“くびれ感”を強調するティアドロップタイプのタンク。イグニッションをサイドにしたのも、ハンドルまわりのカスタムをしやすくする工夫だ

スイングアームは角形ではなく、φ45mmのパイプ形状をチョイス。スイングアーム以外も、容易にカスタムできない基幹パーツは素材や形状にこだわった

タンデムシート/ステップステーなどは、好みで簡単に取り外せるレブル。秀逸なのは、マフラー側のタンデムステップもキレイさっぱりに取り去れることだ

レブル250は、CBR250RやCRF250Lに使われるDOHC単気筒エンジン。一方、左のレブル500は、CBR500R/CB500X系の並列2気筒エンジンがベース

20kgもエンジン重量が違うそうだが、500も250も車体は完全共用。その重量差で生まれる挙動の変化を、エンジンマウントのブラケット形状や材質などで調整しているという

SPECIFICATIONS※[ ]はABS、【 】は500

全長×全幅×全高
2,190×820×1.090mm
軸間距離
1,490mm
シート高
690mm
車両重量
168[170]【190】kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒・249cm3【水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒・471cm3
最高出力
19kW(26ps)/9,500rpm【34kW(46ps)/8,500rpm】
最大トルク
22N・m(2.2kgf・m)/7,750rpm【43N・m(4.4kgf・m)/6,750rpm】
タンク容量
11L
価格
53万7,840円[58万8,600円]【78万5,160円】(税8%込)
メーカー製品ページ

http://www.honda.co.jp/Rebel250/

http://www.honda.co.jp/Rebel500/

※記事の内容はNo.182(2017年5月24日)発売当時のものになります

より詳しいインプレッションは本誌をチェック!