SUZUKI GSX250R

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
182
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

この企画に登場しました!

数々の仕様変更でスポーティさが大きく向上

ニューモデルが発売されるたびに大きな盛り上がりを見せている250㏄フルカウル市場に、スズキがGSR250をベースとした新機種を投入! エンジンのリニューアルや車体の軽量化を経てデビューしたこのマシンを紹介するぞ。

フロントマスクは複雑な造形で、アングルによって印象がガラリと変わる。またスクリーン角度は後方に向かって寝ており、高さはそれほど確保されていない

GSR250のアナログ+デジタルメーターに対し、こちらはフルデジタル。これもライダーを“その気”にさせてくれる装備だ。エンジン回転インジケーターやギヤポジションも表示

サイドパネルが重なり合うレイヤ―構造のカウルを採用。これによって小排気量モデルにありがちな線の細さを感じさせない、存在感のあるボディワークを追求している

スポーティなY字型10本スポークの新設計ホイールにIRCのRX-01を組み合わせる。ツーリングからスポーツ走行までオールラウンドに使えるバイアスタイヤだ

フルカウルモデルにしてはステップ位置はやや前寄り。そのおかげで長距離移動でもヒザに窮屈感はなかった。上側には振動低減のラバー、下側には同じく振動低減のウエイトが付いている

ライダー・タンデムシートが分かれたセパレートタイプを採用。クッション性も十分にあり、ロングランも可能だ。今回は使用していないけれど、タンデムシートの快適性にもこだわっているとのこと

ガソリンタンクはGSR250よりも2リットル多い15リットル。低燃費エンジンとあいまって、かなりの航続距離が期待できる。ツアラーとしての性能も高いモデルだといえるだろう

タンデムシートを外すと積載物の固定に使えるループが収納されている。矢印の位置はヘルメットホルダーと思われる形状になっており、一度に2個のヘルメットを固定できる

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
2,085×740×1,110mm
軸間距離
1,430mm
シート高
790mm
車両重量
178kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークOHC2バルブ並列2気筒・248cm3
最高出力
18kW(24ps)/8,000rpm
最大トルク
22N・m(2.2kgf・m)/6,500rpm
タンク容量
15L
価格
52万7,040円(税8%込)
メーカー製品ページ

http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsx250rl7/top

※記事の内容はNo.182(2017年5月24日)発売当時のものになります

より詳しいインプレッションは本誌をチェック!