GASGAS EC300【競技専用モデル】

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
184
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

企画を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.184(2017年7月24日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ

 

18年モデルより、スペインはガスガスのエンデューロ、モトクロスモデルの取り扱いが、新体制となってスタート。フルモデルチェンジしたエンデューロモデル・EC300の試乗の機会を得た。

文:谷田貝洋暁/写真:楠堂亜希

スタイリング

エンデューロマシンとは?

モトクロスマシンとエンデューロマシン、オフロードバイクであることは変わらないのだが、実は大きな違いがある。飛んだり跳ねたりするモトクロスが専用のコースを使うスプリントなら、エンデューロは、山中の小道を使ったマラソンというイメージである。そのためエンデューロマシンは絶対的なパワーより、狭路での扱いやすさや疲れにくさが追求される傾向にある。

 

 

モトクロス遊びもしたいエンデューロライダーに

スペインのバイクメーカー・ガスガス。日本国内ではこれまで、同社のトライアルマシンを扱うマーチと、エンデューロマシンやトレールマシンを扱う販社が違っていたが、18年モデルのエンデューロ&モトクロッサーモデルの導入から、マーチ(京都府伏見区)が総輸入販売元となってスタートすることになった。

 

今回試乗したのは18年モデルのエンデューロ用のEC300。2ストロークエンジンを搭載したハイパワーなマシンであるが、今年は完全なリニューアルが行なわれ、まったく新しいモデルとして生まれ変わった。

 

3年ほど前にガスガスのエンデューロモデルは試乗したことがあるが、そのときは2ストローク独特のピーキーな扱いにくさを感じた。しかし新型はその扱いにくさを見事に払拭。

 

ガレ場に激坂など難所化が進む最近のエンデューロシーンに合わせたブラッシュアップがほどこされている。

 

エンデューロモデルというと、KTMやハスクバーナといったメーカーに目がいきがちだが、最近のそれらのモデルは難所系のセクションに焦点を合わせるあまり、モトクロスコースでちょっとしたジャンプやスライドを楽しむというファンライドでは使いにくいモデルへと進化している傾向がある。

 

そこへ行くとガスガスのエンデューロマシンは、モトクロス寄りのカッチリした車体に硬めのサスペンションがセットされており、ジャンプもスライドもキチンと楽しめるのがオモシロイ。

 

エンデューロもやるけど、普段はモトクロスコースでキチッと飛びたい、遊びたい!というファンライドを優先するライダーにはちょうどいいマシンに仕上がっているぞ。

 

最近のエンデューロマシンはジャンプやスライドがしにくいが、ECなら気持ちよくジャンプで飛び出せて、着地も非常に安定していて楽しめる

 

GASGAS EC300のディティール紹介!

※記事の内容はNo.184(2017年7月24日)発売当時のものになります