季節があるって、いいね

季節があるって、いいね

上着の下に、半袖か長袖か、迷う時期になってきた。朝も窓を開けると空気に新緑の匂いがまじって、とても清々しい気分になる。週末は多くの家が庭の手入れやガレージで車いじり(ポツポツとだがバイクも見られるのがうれしいですね)をしていて、その周りを子供が遊んだり大人の手伝いをしている。ちょっとあわてんぼうなのかせっかちなのか、一足先に羽化しようと池からはい出てきていたヤゴもいて、子どもたちに「あ、ヤゴ出てる!」「ヤゴ死んじゃう!」とふたたび水中に戻されていました。微笑ましい光景ではあるが、思いやりというのは、ときには裏目に出たりするものである。花見もいいけど、個人的にはこれから緑がどんどん増えてくる、この初夏の時期が好きである。

…なーんて、調子づいて草抜きに家庭菜園に庭のレイアウト替えに…と始めるととまらなくなって、そのうち日差しが強くなって首筋は焼けるわ立ちくらみはするわ…体調管理を気をつけたい時期でもありますね。休憩がてら、野菜の苗を買いに行くと、ずいぶんと大勢のお客さんで賑わっていた。「みんな偉いわね〜」と感心しながら通り過ぎる人がいた。わたしもまったく同感である。この、苗を選ぶ姿、ポンポンポンと決めちゃってさっさとレジに持っていく人もいれば、両手に苗を持って真剣に吟味する人もいれば、周りの人をチェックしながらよく売れている苗を買っている人もいて、いろいろでおもしろい。そういう自分はと言えば、買いたい苗は決めてはあったが、たとえば同じナスでも、長ナス(の中にもまた何種類かある)白ナス米ナストゲのないナスなんとかナス…と種類がいっぱいありすぎて迷ってしまい、結局、ものはためしだと、何種類もの苗を買うことになった。あまり人のことは言えない、見事な衝動買いっぷりである(汗)。

さて、家に戻って苗を植え、庭いじりは一段落。ちょっと時間が余ったので、バイクでもエンジンをかけるかと思い立った。ZZRは車検で友人に預けてあるので、久々にSDRのカバーに手が伸びる。この後何が起こるかは承知している。腹を据え、黙々とキック始動を試みる。半袖なのに汗だくである。どこかで工具が地面に落ちる音が聞こえる。子どもたちのはしゃぐ声が聞こえる。そのうちにようやくガソリンの匂いとともにゴロロ…と音がして…ブルッ、ブルルン…! ふーっ、かかった! 花見もいいけど、個人的にはみんなが活動的になる、この初夏の時期が好きなのである。あーアイス食べたい…(笑)。

季節があるって、いいね

チャンカメのプロフィール

タンスタ創刊号の〆切間際に入社した古株女子。現在は雑誌広告を中心に、たまにイラストなどの仕事をする。最近ZZR1100を手放し、愛車はSDRとリード100。

このコラムにあなたのコメントをどうぞ