キャンプ!

キャンプ!

まずは告知から。タンスタ最新号No.112・128ページにも告知しているけど、明日の6日~7日で長野県南佐久郡川上村にある五光牧場にて“タンスタキャンプミーティング”を開催します。昨年も計画を立てていたけど、まさかの10月の台風直撃で中止に…。今回はどうだろうかと天気予報を見ると同じく台風は発生しているけど、なんとか大丈夫そうだ(笑)。当日参加も受け付けているのでぜひお越しください。「キャンプは初めて」という人や、ツーリングビギナーという人も楽しんでいただけるようにスタッフがおもてなしさせていただきます。もちろん「ビギナーじゃないかも」という方もOKです。

キャンプというとハードルが高いと感じてしまう人も中にはいるかもしれない。確かにアイテムをそろえたり、キャンプ場を見付けたりしなければならないので、実際面倒と思える部分も多い。でも、それは大げさに言うとバイクに乗るのと一緒で、一度やってしまえばそこから感じる何かが確かにあると思う。以前にもここで書いたことあるけどボクはそれまでキャンプをほとんどしたことがなかったし、やるとしても数年に一度、ホントごくまれに友人などに誘われ河原でバーベキューをするくらい。本当に楽しいと思い始めたのは編集部に入ってからだ。編集長を筆頭に先輩スタッフから「楽しいぞ」と言われてすっかり感化されてしまったけど、その理由がわかるような気がする。

ボクが感じるキャンプの一番の魅力はやっぱりアウトドアという非日常の環境。テントを張ってその中で寝たり、自分で料理したり、コーヒーを飲みながらくつろいだり、普段とはかけ離れた雰囲気がすごくゼイタクな感じ。そんな空間の中で一人で自分と向き合ったり、または仲間と一緒にゆっくり語り合うのが個人的には好きだなぁ。こんもり荷物を積み込んでいつか一歩踏み出してぜひチャレンジしてみてほしいな。きっと今まで感じることのなかった新しい感覚や自分に出逢えると思う。

そうそう、追記になってしまうけど、6日はキャンプ場からほど近い山梨県北杜市サンメドウズ清里スキー場で、バイク用品チェーン店・2りんかん主催の“2りんかん祭り”も開催。その駐車場では姉妹誌L+bikeやカスタムピープルの撮影会も行なわれるので、ぜひそちらのイベントにも足を運んでみてください。今年の夏もバイクをとことん楽しみましょー!!

 

キャンプ!

KJのプロフィール

考えるよりも行動する方が好きな、いわゆる体育会系脳ミソの持ち主。先輩スタッフの破天荒ぶりを脅威と感じながらも、下克上を虎視眈々と狙っている。最近は、仕事と称していろんなバイクに乗っては、「このバイクいいっすね」を口癖に、次の購入ターゲットを思案中。〆切り前はあたふたしていることが多く、布団で眠ることを至上の歓びとしながら、今日もパソコンの前で夢の世界へ旅立つ。

このコラムにあなたのコメントをどうぞ