夢みるオッサンで何が悪い!!

夢みるオッサンで何が悪い!!

いや〜、感動した。観る前は“トム・クルーズがロックスターなんてありえない”と思っていたけど、イケてるじゃないスっか。イーサン・ハント(ミッション:インポッシブルシリーズのトム演じる主人公)続けるより、ロックスター街道走った方がいいんじゃないの?と思ったくらいだ。

それにしても、1970年生まれのボクにはジャストミートのムービー(映画と書かないところがミソなんですよ!)だった。使われている歌のほとんどがiPhoneに入っていたことに狂喜し、映画のなかの世界が、あこがれていたハリウッドのロックシーンそのままだったことにウンウンとうなずいてしまった。また当時を知っている人ならば、思わず吹き出してしまう仕掛けが随所に盛り込まれているのも、この映画をより楽しくさせている一因だろう。たとえばトム演じるステイシー・ジャックスが猿を連れ回しているんだけど、今は亡きマイケル・ジャクソンがいつもバブルス(チンパンジー。今はどうしているのだろう? まだ生きているのかな?)を連れていたことが思い起こされたりと。

興奮のあまり作品の世界観が先になってしまったけれど、何より時代の持っている勢いというか、若い誰もが夢を追っている姿が美しい!「いい歳こいて、夢物語にうつつぬかしてんなよ!」なんて言われるかもしれないけれど、夢があるからいろいろがんばったりできるわけで、やっぱ、デッカイ夢は持ち続けたいなと、あらためて元気づけられた『ロック・オブ・エイジズ』であった。あっ、決して宣伝じゃありませんよ、念のために。

夢みるオッサンで何が悪い!!

タローのプロフィール

自転車にはじまり、バイク・車と自分で運転できるモノに乗っているだけで喜びを感じてしまうアラフォー。初めてラジオで聴いたヴァン・ヘイレンの「ホワイ・キャント・ジス・ビー・ラブ」以来HR/HMにはまり、着る服はタイトなモノが多い。ただし楽器類はまるっきしダメ。最近脇腹についた肉におびえ、全盛期は昼飯に弁当2つは当たり前だったのが1つをビクビクしながら食べている気弱なオヤジ。

このコラムにあなたのコメントをどうぞ