えっ、他人の人生どこまでわかってるの?

えっ、他人の人生どこまでわかってるの?

最近すごい勢いで流されている気がする。何にって聞かれると、答えるのが難しいんだけど、人生というか…。けっこうしっかり踏んばって、自分のなかで“こうする! こういう生き方をする”って決めたら、その軸をブラさずに突っ走る人っているじゃないですか。そういう人と真逆な生き方をしようと、いつだったか決めたんですよ。だから、きっと端から見れば、流されるままのチャランポランな生き方。でも流れに身を任せるのも、それはそれでけっこう大変なんですよ。いわゆる濁流に飲み込まれて、そのまま沈んじゃう可能性だってあるわけなんだから。うまく流れに乗りつつ、接したチャンスをしっかりと活かす。でも、そんな生き方が自分には合っているんじゃないかと思ったわけ。

で、文頭のすごい勢いってのが、いろんなチャンスが同時多発して、それらをうまくさばかないといけない状況ってことなのだ。もちろん、それぞれのチャンスの時間軸における成就のタイミングはズレているから、同時進行であれやこれややらなきゃいけないんだけど、なかなかねぇ、うまくいかないんですよ。で、そうこうしているうちにチャンスじゃなくなっちゃう。だから今ががんばりどころのような気もする。ただ、笑っちゃうのが、嫁が勝手にどこかの占い師に見てもらったようで「46歳くらいまではまわりに振り回される人生だってよ(笑)」と言っていた。なるほどねぇ、占いでもわかっちゃうんだ。ん、でも待てよ、46歳すぎるとどうなっちゃうんだ? 知りたい! すごく知りたいけど、怖くて聞けない…。っていうか、占いってどれくらい信憑性があるのかな? というわけで、みなさん、占いってどれくらい信じていいもんなんですか? 教えてください。

えっ、他人の人生どこまでわかってるの?

タローのプロフィール

自転車にはじまり、バイク・車と自分で運転できるモノに乗っているだけで喜びを感じてしまうアラフォー。初めてラジオで聴いたヴァン・ヘイレンの「ホワイ・キャント・ジス・ビー・ラブ」以来HR/HMにはまり、着る服はタイトなモノが多い。ただし楽器類はまるっきしダメ。最近脇腹についた肉におびえ、全盛期は昼飯に弁当2つは当たり前だったのが1つをビクビクしながら食べている気弱なオヤジ。

コメント 2件

  • avatar

    by 森の人2013/5/15 19:50

    前回コメントありがとうございました。調子に乗ってまたコメントしてゴメンナサイ。文脈から察するに「流れに乗って機会を捉えて生きているのだけども、ちょっとそうなっているか不安」ということでしょうか?明日の命もしれない国に生まれた人もこの世にいることを思えば、今の日本人はとにかく幸せだと思うし、タローさんもその中の1人だと思う。家族のため、読者のために働くことができる環境、サイコーじゃないですか。ましてやタンスタほど創造的な雑誌はないじゃないですか。編集者がモデルもやってる雑誌ってそんなにないのでは?(タローさん、ジャケット似合ってましたヨ)
    追記:今月号で初めてちゃんかめさんが女性である事実に気づきました。イラストの印象でずっと男だと思っていた。ちゃんかめさん、ゴメン、ってタローさん宛てのコメントに書いてもね・・・

  • by タロー2013/5/16 14:09

    森の人さん、コメントありがとうございます。そうですね、あらためて考えるとボクはすごくめぐまれた環境にいますよね。それを忘れちゃいけないですね。がんばります! ジャケットに関するオホメのコトバありがとうございます!!

    そうなんです。ちゃんかめは女性なんです。イラストだとわかりづらいですよね。でも、彼女は男か女かについて、ほとんど気にしないような気も…、します。

    avatar

このコラムにあなたのコメントをどうぞ