それは必然か偶然か?

それは必然か偶然か?

先日、自転車で移動中にまったく知らないチャリダー(自転車乗り)から突然声をかけられた。彼はボクの乗っている自転車が気になって声かけたそうだが、こだわりを持って乗っている自転車だっただけにそれに気付いてくれる人がいたことがうれしかった。信号待ちの間、自転車話で大いに盛り上がり、信号が変わると「じゃ、また」と、まるで旧知の友達だったかのようなあいさつを交わして別れたのである。

よく、「自分の周りで起きるさまざまな事象は、その先にあるチャンスのキッカケになるからそのサインを見逃すな」と言われるけど、いつもそれが本当にサインなのかどうなのかがわからないのだ。今回の件を含めて、最近は自転車業界の方たちと接点を持つことが多い。これが必然なのか、はたまた単なる偶然なのか? 先のロジックからだと、自転車にからんだ何かをやるタイミングが近づいているハズなのだが、まだこれといったアイデアが浮かんではきていない。もう一つ気になるのが、チャンスだと感じて動き出したとしても、はたして動き出した方向が合っているのか、はたまた全然逆方向にむかっているのかだ。これまで新しいことを始めるたびに何度も心細い思いをしているけれど、やはり結果が見えてこないうちはいつもすごく不安になる。ただ、動かずにせっかくのチャンスかもしれないタイミングを逃すことの方がもったいないというのが、正直なところ。

今回は、「じゃ、また」と別れてるわけだから(不思議なことに、ナゼかまた会える気がするんだよな)、再び出会ったそのときに何かひらめくのかも。というかひらめいてほしい…。

それは必然か偶然か?

タローのプロフィール

自転車にはじまり、バイク・車と自分で運転できるモノに乗っているだけで喜びを感じてしまうアラフォー。初めてラジオで聴いたヴァン・ヘイレンの「ホワイ・キャント・ジス・ビー・ラブ」以来HR/HMにはまり、着る服はタイトなモノが多い。ただし楽器類はまるっきしダメ。最近脇腹についた肉におびえ、全盛期は昼飯に弁当2つは当たり前だったのが1つをビクビクしながら食べている気弱なオヤジ。

このコラムにあなたのコメントをどうぞ