できることなら乗ってあげたい

家の近所のアパートの前にかれこれ1年以上前から放置されているバイクがある。これがわりと新しめのモデルなのだが、なぜか乗られている形跡がまったくない。すでにカバーはボロボロになっていて、チェーンは錆びつき、外装は日に焼けてしまっている。そんな理由からか、車体には「不要バイク買い取ります」なんて張り紙が多数貼られていたりして、とにかくかわいそうな状態なのである。

 

でも不思議なことにしばらくするとその張り紙が綺麗に取り除かれているので、もしかすると普通に誰かの持ち物として保管されているだけという可能性もあったりする。ただ単に止むに止まれぬ事情があって乗れないだけなのか、それとも誰かから預かっているだけなのかは知るよしもないが、とにかくバイクは誰にも乗ってもらえないまま、日に日に朽ち果てていっているのである。

 

一応ナンバーが付いているので、警察に相談すればいいのかもしれないが、これほど時間が経っていれば、とっくに誰かがやっていることだろう。そう考えると少なくとも盗難車ではないのかなと思うのだが、こういった問題は意外とやっかいなんだそうで、いくら放置車両といえども、勝手に処分したらマズいのだそうである。また止めてある場所によっても、この車両をどう見なすかが変わってくるらしく、想像以上に対処は難しい。

 

そもそもそのバイクは路上に置かれており、保管方法としては明らかに違法である。これが何のおとがめもないというのは、ちょっとおかしいだろうと思うのだが、改めて何とかしようとすると意外に面倒なことが発覚して、結果的に放置、という具合になっているのではないかと推測する。調べてみると、こういった車両を専門に撤去するサービスを行なっている会社もあるぐらいなので、処分の煩わしさは相当のもの。自分はこの件に関しては完全に部外者なのでどうすることもできないが、願わくば大事にしてくれるオーナーが見つかることを祈るばかりである。まぁ限りなく難しそうな気もするけど…。

C.ARAiのプロフィール

30代後半・Web制作班所属。何事にもしっかりしていたい気持ちはあるものの、やってることはかなり中途半端。基本的に運命にはあまり逆らわず生きていくタイプで、いきあたりばったりが自分にはよく合っていると思っている。悪く言えば計画能力ゼロ。モットーは「来るもの拒まず、去るもの追わず」。

このコラムにあなたのコメントをどうぞ