楽しいぞ、東京モーターショー!!

楽しいぞ、東京モーターショー!!

本日より東京モーターショーが始まった(一般公開日は23日〜12月1日)。まず何がすごいって、マジメに全部見てたら、いや、かなり端折って見たとしても1日で回りきることはできないくらい見応えがあるのだ。その一つの要因は、まさに今がビークルの過渡期にあるからではないだろうか。ガソリン+電気のハイブリッドさらには電気のみの車両がすでに実用化されて久しいが、今まではそれらの実用面におけるクォリティを高める段階だったのが、今回でファンの部分に手が届いた感が強い。バイクだったら、ヤマハのPES1やPED1、スズキのエクストリガーといったファンライド用の電動モデルが登場したことで、まさにワンステップ先に進んだと感じさせられた。

既存メーカーのブースを見てまわるだけでも十分に楽しいのだが、個人的にはスマート・モビリティ・シティ2013の充実ぶりに注目してもらいたい。超小型モビリティ体験試乗会やパーソナルモビリティ体験走行といった乗ってみないとその真価がイマイチわからない乗り物に試乗できるのだ。ボクもホンダのUNI-CUBに試乗してみたけれど、操作して動かすのではなく、“あっちに行きたい”と思うだけで、その方向に進んで行くフィーリングは大きな感動であった。ほかにも自動運転デモンストレーションや高度運転支援システム試乗会といった体験ができるのは、これからのクルマ&バイク社会がどうあるべきかを考えるいい機会になることだろう。そんなわけで、東京モーターショーに行く予定のあなた! ノーマークだったであろうスマート・モビリティ・シティ2013にも行くべし!!

楽しいぞ、東京モーターショー!!

タローのプロフィール

自転車にはじまり、バイク・車と自分で運転できるモノに乗っているだけで喜びを感じてしまうアラフォー。初めてラジオで聴いたヴァン・ヘイレンの「ホワイ・キャント・ジス・ビー・ラブ」以来HR/HMにはまり、着る服はタイトなモノが多い。ただし楽器類はまるっきしダメ。最近脇腹についた肉におびえ、全盛期は昼飯に弁当2つは当たり前だったのが1つをビクビクしながら食べている気弱なオヤジ。

このコラムにあなたのコメントをどうぞ