ぜんぶ雪のせいだ。

ぜんぶ雪のせいだ。

ソチオリンピックに、未曾有の積雪。なんだか雪に触発されて、20年ぶりにスキー板を取り出した。といっても僕のは山スキーで、ゲレンデで行なう一般的なスキーとは違い、自分の足で歩いて山の上に登り、そこでスキーを履いて「ヒャッホー!」と一気に下る遊びで使うものだ。まぁ、冬山登山とスキーを組み合わせた遊びだけど、誰もいないフカフカの新雪にシュプールを描いたり、雪に埋もれた林のなかをすべり抜けるのがなんともアドベンチャーチックで楽しいのである。学生時代は、白馬のスキーゲレンデで住み込みのアルバイトをしていたこともあって、ゲレンデからヨッと飛び出して(どうやら違法らしいね)遊んでいたのだが、社会人になってからはパタッとやらなくなってしまった。

盛り上がるオリンピックに銀世界を見ていたら、20年ぶりにムクムクとふくらむスキー欲。いやぁ、楽しそうだなぁ。板にストック、そして冬山用のプラブーツ。いつ行ってやろうか? と思いながら道具を確かめる。…が、プラブーツが見事に破損していた。ほとんど使っていなかった記憶があるのだが、試し履きをするとアウター部分に亀裂が発生。手で触ってみると、ポロポロとプラスチックパーツがくずれ落ちる。いわゆる加水分解というやつだ。けっこう高かったのになぁ…。まぁ、山奥に行って、いざすべり出したときにバラバラになるよりははるかにいいが、スキー熱に一気にびっくり水を差された感じ。雪山へ高まる気持ちとは裏腹に足下に転がる経年劣化したプラブーツ。この衝動はどこへ逃がせばいいのだ?  買っちゃうかプラブーツ?  それもこれも…、ぜんぶ雪のせいだ。

ぜんぶ雪のせいだ。

やたぐわぁのプロフィール

「なるようになるさ」と万事、右から左へと受け流し、悠々自適、お気楽な人生を願うも、世の中はそう甘くない。実際は来る者は拒めず、去る者は追えずの消極的野心家。何事にも楽しみを見いだせるのがウリ(長所なのか? コレ)だが、そのわりに慌てていることが多い。自分自身が怒ることに一番嫌悪感を感じ、人生の大半を笑って過ごすことに成功している、迷える43歳。

このコラムにあなたのコメントをどうぞ