バイクの増税問題を簡潔に書いてみた

バイクの増税問題を簡潔に書いてみた

バイクの税金、軽自動車税の増税がおかしな方向に話が進んでいる。このての話は長くしてしまうと理解しにくくなるので、要点を絞って簡潔に書いてみよう。

一番の問題は…、このまま黙って静観していると、『これから買う車両も、今あなたが持っている車両もバイクは全部』、増税対象になってしまうということ。クルマの方は、『これから買う、新規登録車両だけ』が増税対象になるのに…だ。

しかも…、クルマは『2016年』からの納税対象になるのに、なぜかバイクは『2015年』と増税がいち早くスタート…。

おかしいだろこれ?
「そいつはおかしい!」と思ったら日本二輪車協会(https://www.jmpsa.or.jp/voice/signature.html)というところが…、

要望1、「増税対象は、クルマと同様2015年4月以降に購入する新車に限定して!」
要望2、「納税開始は、クルマと同じ2016年からにしてくれ!」

という署名を集めているので、ひとまず見てみるのはどうだろう? 賛同できれば署名すればいいし、できなければそれまでだ。署名したところで、この嘆願が通るかどうかはわからないが、だまって増税されるよりはるかにいいし、具体的なアクションやなんらかの運動を起こすにしても、この嘆願がハネられてからでいいだろう。この原稿を書いている時点で、すでに2万人以上の署名が集まっているようだが、政府、関係団体への提出は5月以降らしいので、署名するならお早めに! 

以上、簡潔な増税のお話終わり!
わかりやすかった?

バイクの増税問題を簡潔に書いてみた

やたぐわぁのプロフィール

「なるようになるさ」と万事、右から左へと受け流し、悠々自適、お気楽な人生を願うも、世の中はそう甘くない。実際は来る者は拒めず、去る者は追えずの消極的野心家。何事にも楽しみを見いだせるのがウリ(長所なのか? コレ)だが、そのわりに慌てていることが多い。自分自身が怒ることに一番嫌悪感を感じ、人生の大半を笑って過ごすことに成功している、迷える43歳。

このコラムにあなたのコメントをどうぞ