Ninja250SL「軽いことは正義です」

Ninja250SL「軽いことは正義です」

2015年春、流行りに流行っている、250ccフルカウルクラス、通称「フルカウルクォーター」。ホンダ・CBR250R、ヤマハ・YZF-R25、カワサキ・ニンジャ250、スズキ・GSR250F、KTM・RCシリ-ズなどなど、国内のラインナップは数年前の数倍に膨らみ一大ジャンルを形成するに至っている。

 

 

でね、乗っちゃいましたカワサキのニューモデル・ニンジャ250SL。とにかく驚いたのはその軽さとコンパクト加減だね。もう、同じ250ですが、走らせてみると既存のニンジャ250とは段違いのコンパクトさと軽さだったのだ。細身の125クラスの車体に250ccの単気筒エンジンを積んだようなイメージで、低速コーナーでアクセルを開けたときの押し出し感というかスポーツバイク感がハンパない。

 

試乗したのは筑波サーキットコース1000で、テクニカルなコーナーが続くミニサーキットコースだったのだが、もうこれが楽しい楽しい。軽い車体を体重でグワッと抑え込み、ヒザを路面に押し付けながらコーナー出口でガシッとアクセルを開けてマシンを起き上がらせる…。そんなスポーツライディングの醍醐味が存分に味わえるマシンに仕上がっているのだ。いやぁ、これまでのニンジャ250も十分軽いマシンだと思っていたけど、そいつに比べても新しいニンジャはさらに数段上手の軽さがある感じ。まさにSLであるところの「スーパーライト」は目からうろこの軽快感だったのである。スポーツバイクにおける軽さはなににも勝る正義ってワケだ。

 

試乗会では、パラレルツインのNinja250と単気筒のNinja250SLの乗り比べも行なえた。SLの方が明らかにハンドリングや切り返しが軽い!

 

車体はスリムでフルカウルクォータークラスのなかでは、YZF-R25に迫るくらい足着きがよく、ハンドル切れ角も片側36°と、クラス最高に切れマクリでUターンもラクラクな印象。街乗りバイクとしてもかなり楽しそうな印象に仕上がっている。

 

スリムなおかげで足着き性は抜群にいい。また車体も軽いので支えやすかった
上半身は、セパレートハンドルだがそれほど前傾がきつくなく、街乗りやツーリングにも使えそうなイメージだ。僕の身長は172㎝の68kg

 

まぁ、軽くて身軽なぶん、重量感がなくてちょっとエンジンの振動がちょっと大き目に感じたり、高速道路巡航走行での安定感はどうかといわれるとそのアタリは未知数(なんせサーキットオンリーの試乗会で公道走行はNGだった)なのだが、エントリーモデルとしての基本性能は十分満たしていることはしっかり感じられたしだい。気になる価格は税込みで45万9,000円と、こちらもライバルと比較してもかなり軽量感のある数字でいい感じ。発売日は4月15日とちょっと先だけどこいつは気になる存在でしょう!

 

 

そうそう、フルカウルクォーターといえばヒョースンのGD250Nのフルカウルマシンも登場する(こちらは姉妹誌のUnder400で見てちょうだい)から、ますますこのフルカウルクォーターから目が離せないぞ!

Ninja250SL「軽いことは正義です」

やたぐわぁのプロフィール

「なるようになるさ」と万事、右から左へと受け流し、悠々自適、お気楽な人生を願うも、世の中はそう甘くない。実際は来る者は拒めず、去る者は追えずの消極的野心家。何事にも楽しみを見いだせるのがウリ(長所なのか? コレ)だが、そのわりに慌てていることが多い。自分自身が怒ることに一番嫌悪感を感じ、人生の大半を笑って過ごすことに成功している、迷える43歳。

このコラムにあなたのコメントをどうぞ