スーパーカブで流氷を走る!

LINEで送る
Pocket

スーパーカブで流氷を走る!

現在、タンスタの姉妹誌、Under400の取材で北海道に来ているやたぐわぁです。外気温は23時現在でマイナス9.5℃。これからぐんぐんと気温が下がり、明け方にはもっと下がるだろう。何んでそんなことになったかって? 仕事ですよ仕事(笑)。北海道の流氷を観にホンダのスーパーカブ110に乗ってキャンプ泊でやってきたのだけど、さすがに北の大地だね。雪が降れば、1時間とたたずに路面状況は圧雪路になるし、夕暮時には路面の水分がすべて凍る始末。寝床に決めた網走の東の海岸では、ビールをプシュッと開けた瞬間に凍り始めちまった。いわゆる氷結というやつだ。

トラックが猛スピードで走る糠平国道(R273)を行く。とにかく速度差が恐いのだ
流氷が押し寄せる海岸には押し寄せられた氷が山脈を作る。通称流氷山脈。僕が歩いているところがちょうど尾根にあたる
流氷を溶かしてインスタントラーメンを作る。…よく考えるとアムール川の水だからあまり清潔ではないよね
網走の東側でスーパカブごと海に出られそうな場所を見付けてテントを張る。コロコロと流氷が動く音を聞きながら寝るのだ

 

シャリシャリと音を立てる缶ビールに、えらい所に来てしまったという感じはするのだが、実はそれほど過酷でもない。昨今のバイク用ウエアがものすごくいいのだ。僕が使ってるのは、モンベルのアンダーウエアにダウンウエアに、ゴアウインドストッパ―のミッドレイヤーに、アウターはアルパインスターズの全天候ウエア。それだけでまったく、いや、それほど寒さをカンジない。なんせ目の前は北の大地の代名詞、流氷の海が広がっているからね、ずっと見ているにもそれなりの装備が必要なのだ。今も海岸では流氷が波で打ち付けられ、何だか妙にスゴイ波の音がする。耳をすませばその波音に混じって流氷がゴゴゴと、音を立てて動く音がする。今日はこの流氷の音を子守唄に寝るワケだが、明日はなんとか、マシンを流氷の海に乗せてみようかな(笑)。テントの中とはいえ、寒く指がかじかんできたので、今日は短文でご勘弁願いま~す。

 

夜明けを待ってスーパーカブで流氷の上を走ってみた。気温が高くなってしまうと地面が緩んでしまうのだ
ちょうどいいキッカーを見付けてなんとか流氷の上でジャンプをキメる! スーパカブでこれがやりたかった!!

LINEで送る
Pocket

スーパーカブで流氷を走る!

やたぐわぁのプロフィール

「なるようになるさ」と万事、右から左へと受け流し、悠々自適、お気楽な人生を願うも、世の中はそう甘くない。実際は来る者は拒めず、去る者は追えずの消極的野心家。何事にも楽しみを見いだせるのがウリ(長所なのか? コレ)だが、そのわりに慌てていることが多い。自分自身が怒ることに一番嫌悪感を感じ、人生の大半を笑って過ごすことに成功している、迷える43歳。

このコラムにあなたのコメントをどうぞ