確か名言だったハズ…

LINEで送る
Pocket

確か名言だったハズ…

あんまり訃報でショックを受けることはないんだけど、昨日の上田昭夫氏急死のニュースはかなりの衝撃で、目にした途端思わず奇声を上げてしまった。きっと多くの人は氏の名前を聞いても“誰?”となるだろうけど、ボクにとってはヒーローのひとりなのだ。上田氏をすごく簡単に説明すると、ラグビー界で活躍してきた人である。ボク自身はとくにラグビーに熱かったわけじゃないけれど、中学時代に部活動の一環でラグビーをやったことがあって、その楽しさや大まかなルールは知っていた。あと、“北の鉄人”の異名をとった新日鉄釜石ラグビー部がテレビで特集されたこともあって、たまたま中学3年生のときにボクの中でラグビー熱が高まっていたのだ。そんなこともあって、その年度(85年度)にミラクル的な活躍を見せたタイガージャージに胸を熱くさせられたのだ。そして、その慶応義塾大学ラグビー部を率いていたのが、33歳という若さで監督を務めていた上田氏であった。結局その年度は、前年度に取り損ねた大学日本一になるだけでなく、全国社会人大会の優勝チームとブチ当たる日本ラグビーフットボール選手権大会も制覇して、日本一になったのだ。

で、なぜにヒーローだったのかというと、実は上田氏、85年度当時は、日本ラグビーフットボール選手権大会で慶応が対戦したトヨタ自工の社員だったのだ(会社員として働きながら監督業をこなしていたのか、休職していたのかわからないけれど、二足のワラジだったこともスゴイことだと思うのだ)。自分が社員として働いている会社の社会人チームを相手に学生チームに勝たせてしまうのもすごいことだが、その試合終了直後に受けたインタビューでのコメントがボクの中で、カッコいい! こんな人になりたいと思うものだったのだ。本当はそのコメントを紹介したいんだけど、ネット上でかなり探したんだけど、見当たらない。なので、どなたか知っている人がいたらぜひ教えてください。よろしくお願いいたします! 

それにしても早い永眠である。享年62歳、ご冥福をお祈りいたします。

LINEで送る
Pocket

確か名言だったハズ…

タローのプロフィール

自転車にはじまり、バイク・車と自分で運転できるモノに乗っているだけで喜びを感じてしまうアラフォー。初めてラジオで聴いたヴァン・ヘイレンの「ホワイ・キャント・ジス・ビー・ラブ」以来HR/HMにはまり、着る服はタイトなモノが多い。ただし楽器類はまるっきしダメ。最近脇腹についた肉におびえ、全盛期は昼飯に弁当2つは当たり前だったのが1つをビクビクしながら食べている気弱なオヤジ。

このコラムにあなたのコメントをどうぞ