傷跡

傷跡

終戦記念日近くには、戦後70年ということでいろんな特集が放送されていた。そのうちのいくつかを見たのだが、特に戦地から生還してきた人たちの口から放たれる戦争の生々しい話は、なぜだろうか、映像も何もあるわけではないのに、強烈に心を揺さぶられた。戦争で故郷を追いやられた人も、戦争で人を撃ってしまった人も、大切な人を奪われた人も、敵も見方も勝者も敗者も、平和になった今なお心に深い傷となってその人たちを苦しめ続けているということが、語るその姿からストレートに伝わってきた。戦場から生還された人たちは「仲間が死んでいく中、なぜ自分は生かされたのか」という難しい問いかけを今日も自らにし続けているという。改めて人類のおかした過ちの大きさに心がしめつけられる。今の平和に敬意と感謝、そんな一日となった。

傷跡

チャンカメのプロフィール

タンスタ創刊号の〆切間際に入社した古株女子。現在は雑誌広告を中心に、たまにイラストなどの仕事をする。最近ZZR1100を手放し、愛車はSDRとリード100。

このコラムにあなたのコメントをどうぞ