どうして食べられるようになった?

どうして食べられるようになった?

イクラがおいしそうに見えるようになった。この前、サーモン親子丼というメニューを普通に食べていて気付いた。おそらく2年前ぐらいだったら「イクラが載ってるからやめておこう」だったはず。あるときから「普通に食べれるな…」で、今になって「おいしい」と思うようになったのである。この“変化”に対して、苦手な食べ物が一つ減ったと素直に喜ぶべきなのだろうか。それとも味覚も思考も狂ってきたのか? 

 

こういう経験はイクラの話に限らない。子どものころは貝類が一切ダメだった。なんだか気味が悪くて丸ごと食べるのがイヤだったのだ。しかし中学生でシジミを克服、高校生くらいにはアサリを食べられるようになり、今では大好物だ。

 

早い話が、食べてみたらおいしかったんだね、ということになるが、生理的に受け付けられなかったものが食べられるようになるのは不思議。一応、シジミ、アサリと順を追って大きくなっている。イクラに関しても“卵”を食べることに抵抗があり、自分のなかでイケたのはタラコ止まりだったのである。しかし、次のサイズも克服。いよいよ次の照準はアワビとサザエあたりになるのだろうか。

 

くだらない話を延々としているが、このメカニズムは本当に不思議でならない。加齢に応じて濃い味や刺激物を好むようになるのは味覚がバカになって気付かないからだという話を聞いたことがある。でもとりあえず、食材のサイズが大きくなる、気味が悪いと思わなくなるのは、歳を重ねてたくましくなったからだと、そう解釈することにしよう。

どうして食べられるようになった?

イトウくんのプロフィール

「人生最後の晩餐は何がいい」と聞かれたら、味噌煮込みうどんと正気で答える、愛知県出身ではないのに名古屋メシに熱狂する28歳。ロングツーリングといえば味噌煮込みうどんを目指す名古屋までが鉄板(あぁ名古屋に住みたい)。編集部内では年齢的に若手といわれているが、外見的には35歳前後といわれることもあり、焼き魚や煮物の食卓に心和む男にフレッシュ感は皆無。若いのかおっさんなのか微妙な年ごろである。

このコラムにあなたのコメントをどうぞ