初めて買ったバイクの思い出

LINEで送る
Pocket

初めて買ったバイクの思い出

学生時代、ボクはガソリンスタンドでバイトをしていて、そこにはメカ好きの先輩が多く、彼らは当時ボクが乗っていたホンダ・ジョルノの整備をよく手伝ってくれた。先輩の一人、『シャクティ』と呼ばれていたタカハシ先輩(アダ名の由来はググらないで!)は面倒見のいい男だったんだけど、少々いい加減な性格で作業も雑だった。ある日シャクティがボクのジョルノのタイヤ交換をしてやると言ってくれた。

 

素人目にもシャクティの作業は不安だったけれど、なんとか終了。彼が自信に満ちた顔で大丈夫というのでとりあえず信用し、新タイヤに交換した数日後には大学の友人3名(全員50㏄)とツーリングに出かけた。しばらく走っていると後ろにいる友人が「なんだかジョルノのエンジン音、うるさくないか?」と言い始めた。確かにそんな気がした。でも原因が全然わからなかったのでとりあえず走り続けることに。するとすぐにまたその友人が「ジョルノが路面の段差を超えるたびに音がデカくなっているぞ!」と言うのでさすがにこればおかしいとみんなで原因究明の作業にかかった。

 

原因はシャクティだった。ジョルノはタイヤ交換をする際にサイレンサーのボルトを外し、交換が終わったらまた取り付けるんだけど、そのボルトがない。支えるモノがなくなったサイレンサーが走行中にグラつき、根元のエキパイが耐えきれずに折れてしまったようだ。かろうじてまだつながっていたので、サイレンサーのボルト穴を針金で固定して応急処置。さらに友人の一人がどっかから拾ってきたボロ切れをエキパイに巻き付けて「これと針金を使って穴をふさごう!」と言い出した。まともな人間がいればツッコミが入るところだけど頭の悪い学生3人は「それは名案だ」と作業に取りかかった。

 

ちょっとだけ音がマシになったのでツーリング再開。しばらく走るとまた後ろの友人が叫んでいる。耳をすますと「火の玉が飛んでくる! 危ねぇ!」と言っているようだ。停車して確認すると、ボロ切れが燃え尽きていた。後ろを走っていたのは友人だけだったので事なきを得たけれど、友人はマリオのファイアーボールを次々と投げつけられているようだったと興奮していた。

 

こんな感じで初めて買ったジョルノは思い出がいっぱい詰まっていたんだけど、ボクがバイクを乗り替えるときに、妹が原付免許を取ったのでゆずってやった。すると数ヶ月後に妹から連絡があった。「ごめん、エンジン壊した…」と申し訳なさそうに。聞くとジョルノが2スト(現行のジョルノは4スト)だと知らず、エンジンオイルの継ぎ足しをせずに延々と走り続けたというのだ(※)。結局ジョルノは廃車。妹は2ストに懲りたのかリトルカブを買い直した。
※2ストエンジンはは4ストと違い、エンジンオイルを燃やして稼働しているため、定期的にオイルを継ぎ足さなければ潤滑不良で破損する

 

ボクと妹(とシャクティ)で散々な目に遭わせてしまったジョルノには本当に悪いことをしたと思う。でもあのバイクのおかげで整備の重要さやツーリングの楽しさをたくさん教えてもらった。やっぱりライダーにとって初めてのバイクって特別な存在だよね…。と先日、ホンダのHPで現行ジョルノのカタログを見てそんなことを思い出したのだ。っていうか今のジョルノってこういう路線なんだ…。気になる人はアクセスしてみてね。

LINEで送る
Pocket

初めて買ったバイクの思い出

サブローのプロフィール

ほめられて伸びるタイプを主張するクセに、ほめられることをやらない36歳。出身地である徳島県の一級河川・吉野川の別名“四国三郎”から、このニックネームに命名された。映画やマンガにすぐ影響される悪癖があり『ベストキッド』を観て空手を始めたり、『バリバリ伝説』を読んでCB400SF(当時は大型二輪免許を持っておらずCB750Fに乗れなかった)を買うなどの単純明快な行動が目立つ。

このコラムにあなたのコメントをどうぞ