無性にバイクに乗りたくなる季節

無性にバイクに乗りたくなる季節

いい季節になってきた。車の人たちに「バイク気持ちよさそうだね」と言われるのがちょうどこのくらいの季節である。そろそろ田んぼにも水をはるころだろうか。この時期はカエルの大合唱を目当てに、あえて日没に走りたくなる。夜の田舎道を走るのもなかなかおつなものだ。いつもはノンストップで走ることが多くても、ちょっとコンビニに寄ってそのカエルたちの声に耳をかたむけたくもなる、そんないい季節だ。「いい季節になった」と感じるのは人間だけではないようで、食いしん坊の犬なんかはこの季節に何の実がどのへんに落ちているかちゃ~んと覚えており、散歩のときに今日はこっちのコース、つぎはこっち…と、じわじわいざなっていったりするから拾い食いを阻止するのも大変になってくる(苦笑)。さて、動物も人間もいい季節になったと感じるこの時期に、「あーバイク乗りたいー。でも動かないんだったー。あー乗りたいー。乗らないと死んじゃうー…」と言っている私(いや、いろいろと事情がね…汗)のようにならないために…! もうすぐ発売のタンスタをぜひ読んでこのいい季節を存分に味わっていただけたらと思います! …あーバイク乗りたい~

無性にバイクに乗りたくなる季節

チャンカメのプロフィール

タンスタ創刊号の〆切間際に入社した古株女子。現在は雑誌広告を中心に、たまにイラストなどの仕事をする。最近ZZR1100を手放し、愛車はSDRとリード100。

このコラムにあなたのコメントをどうぞ