【朗報】モンキー、世間に通用する

【朗報】モンキー、世間に通用する

 僕がいつも通勤で利用している横浜線と京浜東北線の車両には、乗降口の上に映像が出力できるモニターが二つ続きで設置してあって(車内ビジョンというらしい)、これに僕は二つの意味でお世話になっている。一つは、次の到着駅などを見やすく表示してくれるから。寝ぼけているときなどに、ふと今どの辺にいるのかを確認するのに、いつもお世話になっているのだ。もう一つは、さまざまな企業のCMやニュース、天気予報が流れているからである。

 

 僕は自宅でテレビを観ることがなく、ネットでニュースを自発的に調べることもない。新聞も読まない。社会人として、そして仮にもマスメディアとしてそれでいいのかと、自分を苛むときもあるが、とことん世間の情報に興味がないのだ。自分の世界で精いっぱいなのだ、と言い訳をさせていただきたい。

 そんな僕にとって、車内で見られるニュースやCMは、巷での話題を知ることができる唯一の手段となっている。ボクはスマホを持たないため、基本乗車中はやることがない。暇を持て余している目に、否が応でもニュースが飛び込んでくるのである。ヒアリとか北朝鮮のミサイルもこれで知った。

 

 とはいえ、ほとんどのニュースはやはり興味がわかない。「へ~そうなんだ」ぐらいのリアクションで終わり、明日には忘れてしまう。なんというか、自分とは関係ないことに思えてしまうのだ。

 そんな中、昨日初めて自分に関わりのあるニュースが目に飛び込んできた。”モンキー生産終了”のニュースである。『排ガス規制の強化などを受け生産終了。ヤマハのSR400も』といった感じの文面が表示されていた。

 モンキーの生産終了自体は知っていたから今さら驚くことではないのだが、バイク業界のニュースが、毎日何百人だか何千人だかわからないけど、とにかく多くの人を揺らしている電車の中で流れたことに驚いた。

 

 よくよく考えてみれば、バイク乗りの人口が減っているとはいえ、バイクってそんなに世間離れした文化だろうか? 初めてバイク関連のニュースを見るのって、おかしくない!? いやいや、さらに考えれば、クルマに関するニュースもあまり見ない気がするし、乗り物業界の話題ってあまり世間受けよくないのかな…。じゃあ、代わりにどんなのが報道されてるっけ? スポーツ関連やら芸能関連やら……それらより、関心度は低いのか、クルマにバイク…。

 なんてグルグルと思考をめぐらしたけれど、とにかく初めて自分に(職業として)関係のあるニュースが舞い込んできたことが、なんだかうれしかった。ミサイル以上の衝撃だ。もちろんモンキーの生産終了はうれしくないのだけど、世間一般の人に向けて”モンキー”と言っても通用するんだ!という感動を覚えた。

 

 思えば、ホンダさんの社員たちの間でも、モンキーの生産終了は大きな衝撃だったという話を聞いたことがある。食堂でその報を受けた社員たちが、一斉に「えぇっ!」って言ったとか言わないとか。その話を聞いたときは”まぁ業界の中じゃそういう反応だよね”って感じだったけど、世間的にも大きなニュースだったのだ。

 トレインニュースで報じられるほどの存在であるモンキーとSR400に対して敬意を感じつつも、次のバイク関連のニュースは何になるのだろうか。悲報か、朗報か。それとも、もう見ることはないのだろうか。なんて憂いを感じた5分ぐらいのできごとでした。

【朗報】モンキー、世間に通用する

キムロウのプロフィール

トラスフレームを見たらとりあえず「バンディット!」とか言っとく、バイクの技術・知識ともにテキトーなテキトー人間。“修行”と聞くと不思議とやる気が出てくるジャンルに属しており、現在編集部にてバイク修行中。暇があると隣駅まで散歩したり、道着を着てバイクに乗ったりして、ほっとくとテキトーな場所で寝たりテキトーに刀を振り回し始める21歳。ネクタイと、JUJUと中島みゆき、あと“黒”が好き。べつに心は黒くない。

このコラムにあなたのコメントをどうぞ