新たな旅の一歩を踏み出しました

新たな旅の一歩を踏み出しました

久しぶりに友達がやっているラテンバーに顔を出した。“大人の男だったら自分の行きつけのバーの一つくらいは持っているべきだ”と何かで読んだ覚えがあるが、どうやら少し毛色は違うけどボクにとっては、ここがそのバーなのかもしれない。ご存じない人のために少しばかり補足すると、ラテンバーは普通のバーと違って、飲むことより踊ることを目的として来る人が多い。どちらかというとバーというよりクラブで、踊るスペースが設けられているのが特徴だ。そんななかで、ただひたすら飲んでいるわけだから、少し浮いた存在ではある。とはいえその状況を打破すべく、ボクも何度かラテン系のダンス(サルサとかメレンゲとか。わかる人は曲を聴いただけで、どのダンスを踊ればいいかわかるとのこと)を習得しようと試みた。ただ、どうも習いごとが苦手で、「お嬢さん、ボクと踊りませんか」となるには至っていない。そうラテンバーのすばらしいところは、踊ることを通して一気に友達の輪を広げられるとところ。基本ペアで踊るダンスなので「なかなか出会いの場がなくて…」と嘆いているシングルの方には、個人的にはオススメしたい場である。

話がダンスに傾きすぎたけど、今回はドリンクのお話。普通のバーに行くとスコッチを頼むのだが、ここではビールで通すか、ラテンの雰囲気に合わせてラムに移行するのがパターン。ちなみにちょっとだけこり性なボクは、スコッチに関しては少し勉強して自分なりのこだわりがある。ところが、ラムは何となく場に合わせて飲んでいたので、恥ずかしながらこの日まで醸造酒だと思っていたくらい。ところが今回、ラムに話がおよび、いろいろと教えてもらっているうちに、かなり興味がわいてきた。さらに閉店後に連れて行ってもらったバーにはラムだけで300種類が置いてあり、当然ながらものによっては味がまったく違ったのだ。ここまであると、お気に入りの1本に行き着くまで、かなりの長旅になりそうである。そして、その長旅を存分に楽しもうとこの日決めたのである。

新たな旅の一歩を踏み出しました

タローのプロフィール

自転車にはじまり、バイク・車と自分で運転できるモノに乗っているだけで喜びを感じてしまうアラフォー。初めてラジオで聴いたヴァン・ヘイレンの「ホワイ・キャント・ジス・ビー・ラブ」以来HR/HMにはまり、着る服はタイトなモノが多い。ただし楽器類はまるっきしダメ。最近脇腹についた肉におびえ、全盛期は昼飯に弁当2つは当たり前だったのが1つをビクビクしながら食べている気弱なオヤジ。

このコラムにあなたのコメントをどうぞ