KAWASAKI D-TRACKER X

カラー:ライムグリーン

風格の漂うパイオニア的モタード

“Dトラッカー”というブランドは、日本にモタードというジャンルを認知・定着させたパイオニア的存在。その車名を受け継ぐ現行モデルが、DトラッカーXだ。初代の発売当時は「モタード」という呼び方も定着していないような状態だったが、オンロードでのスポーツ性の高さや、シティユースでの快適性などで人気を博した。
何度かのマイナーチェンジを経て熟成が進み、モタードというジャンルが日本のマーケットにもすっかり定着した後、満を持してフルモデルチェンジ。FIの採用やマフラー内の触媒などで排ガス規制をクリアする一方、倒立フロントフォーク・調整可能のリヤサスペンション・D型断面のアルミスイングアームなど、本格的な走りの装備は健在。横2灯式のヘッドライトや前後ブレーキのペタルディスクも、ルックス的に大きな特徴となっている。

DETAIL

オフロードモデルのKLX250と同様、軽快なライディングが楽しめるDトラッカーX。最小回転半径は2.3mながら、それでも深いハンドル切れ角は市街地での取りまわしに有効。コーナーでも扱いやすい
オリジナリティの高い大型液晶パネルはKLX250と共通。中央の大きな数字がスピード計、エンジンの回転数を表すタコメーターは液晶上段にゲージ状に表示される。時計と距離計は下段に並び、視覚的にも見やすいレイアウトになっている

同社のエンデューロレーサーであるKLX450Rを彷彿させるスタイリッシュな2眼ヘッドライトは、オフロードモデルのKLX250と共通のデザインとなる。ウインカーにもクリアレンズを採用し、統一感のある精悍な“顔つき”といった印象だ

剛性の高さからスーパースポーツモデルでも多く採用されている倒立式(KLX250は正立式)テレスコピックフロントサスペンションは、コーナーでのクイックなハンドリングに寄与。フォークブーツを装着しているのもレーシーな印象を与える


前後17インチのオンロードタイヤは高剛性を誇るラジアルタイヤを装備。路面のグリップ力も高くまさにロードスポーツの走りが楽しめる。また、高い放熱性で安定したブレーキングを発揮するペタルディスクを採用
オフロードモデルベースの単気筒エンジンはスリムさと車両の軽量化に貢献。パワフルな水冷エンジンは250ccながらパフォーマンス性にすぐれ、加速や巡航などシーンを選ばず多くのライダーのニーズに応えてくれるポテンシャルを秘める

RIDING POSITION & FOOT HOLD

●ライダー:身長178cm/体重78kg
シートが高いうえに後ろには車載工具のポーチがあるので、またがったり降りたりするときに足が引っかかることもある。スタンドを立てたままステップに乗り、その後にまたがってからスタンドを払うようにすれば心配は少ない。ポジションが高いので視界が良好


シートの先端に座ればかろうじて両足ともカカトまで着くけど、その際ステップが足に干渉するので足を開くとカカトは浮いてしまう。そのままステップに足を乗せてもポジションがきゅう屈なので乗車中は少し後ろにずらして座るとちょうどいい


●ライダー:身長178cm/体重78kg
車体が軽いので不安はないが、タンデマーが座ると車高が低くなり足着きもよくなるため安心感が増す。ただ前後の移動が制限されるため、足で行なう操作がぎこちなくやや不安を覚えた。もちろん出発前に操作の確認が必要
●タンデマー:身長151cm/体重43kg
シート高自体が高く、乗り込む際はよじ登る状態となる。座面はフラット&スリムで硬め。グラブバーはないが、車載工具バッグがお尻のストッパーになり、ライダーの腰もヒザでホールドできるためか適度な一体感がある


COLOR VARIATION

カラー:ブライトホワイト×キャンディーパーシモンレッド

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
2,130×795×1,125mm
軸間距離
1,420mm
シート高
860mm
車両重量
138kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC 4バルブ 単気筒・249cm3
最高出力
18kW(24ps)/9,000rpm
最大トルク
21N・m(2.1gf・m)/7,000rpm
タンク容量
7.7L
価格
54万8,000円

STAFF’S IMPRESSION

マンボサイトー

マンボサイトーのインプレッション

キビキビ走る元気モタード!

日本のマーケットに“モタード”というジャンルを認知させたパイオニア的存在、Dトラッカーだけに、乗ってみればやはり正統派モタードというイメージ。エンジンのフィーリングが、「ダダダダッ」と、一発一発の爆発力が強い印象なのだ。パワフルなフィーリングでスタートダッシュも力強く、キビキビとよく走る。モタードというジャンルはレースが発祥だし、それを感じさせる元気なバイクだと思ったな。しかし、もちろんクセがあるとかビギナーには敷居が高いとかではなく、現在のラインナップのなかでは標準的なモタードモデルだと思う。総合的によくまとまっていると思うけど、あえて難を言うなら、シートに座る位置によってはお尻の下にシートベルトが来て、ちょっと座り心地が悪いこと。シートは真っ先にカスタムしたいところかも…。でも気になったところといえばそのくらいで、印象に残ったのはその他の部分の完成度だった。


やたぐわぁ

やたぐわぁのインプレッション

高回転型のエンジンが楽しい走りを創出

オフロード仕込みの軽量な車体に17インチのロードタイヤ、そして軽々と高回転域までふけ上がる250cc水冷エンジン。街中をさっそうと駆け抜けるのにこれほどベストマッチな組み合わせもないだろう。それこそ400ccのロードスポーツモデルと比べても車体が軽量な分、走りは軽快でキビキビと走りまわることができる。しかも、このDトラッカーは高回転域まで軽々と回るスポーティなエンジンを搭載、ちょっと低めのギヤで引っぱり気味に走るとものすごく元気でとても楽しい! もちろんこの高回転型のエンジンは高速走行もバッチリ。同クラスモタードモデルに比べても一つ頭が出ているような快適な高速巡行が行なえた。ただちょとその分極低速域のトルクが少し希薄な気もしたが、ナーバスなアクセルワークをしなくてもエンジンがストールするようなことはなく、ウイリーなどのトリッキーな動きをしようと思わなければ気になることもないだろう。