HONDA CBR250R

カラー:キャンディールビーレッド

新しいコンセプトを持つスポーツバイク

80年代から90年代にかけ一大ブームを巻き起こした、フルカウルのロードスポーツバイク。近年になって再びその気運が高まってきており、ホンダが満を持して発表したのがCBR250Rだ。
まずスタイルは、車名とは裏腹にVFR1200Fのイメージを踏襲。親しみやすく、かつ高級感のあるデザインとしている。エンジンは新開発の水冷DOHC4バルブ単気筒を搭載。バイク歴の長い人は、CBR250Rといえばかつて存在した並列4気筒モデルを連想するかもしれないが、現行のCBR250Rは単気筒エンジンとなっている。軽量かつコンパクトなエンジンによって、まったく新しいスポーツバイクとして開発されているのだ。
PCXと同様、海外生産による世界戦略車。44万9,400円(ABSは49万9,800円)という低価格も注目度が高い。

DETAIL

車体に対して大きなサイズのヘッドライトは、被視認性にすぐれる。また、マルチリフレクター式を採用し、レンズまわりの造形も美しい。クリアレンズを採用したウインカーと一体式となっており、ルックスのアクセントにもなっている

ホンダのフルカウルスポーツの流れを踏襲するデザインで、スポーツ性と高級感を両立。アッパーカウルにはサイドダクトが設けられ、走行風の導入のほか、複雑なデザインによるルックスの向上もはたしている


ハンドルはセパレートタイプだが、比較的高めにマウントされているので、ライディングポジションはキツいものではなく、自然な前傾。そのため普段の街乗りからツーリングやワインディングと、シーンを選ばず楽しめる
中央にはアナログタイプのタコメーターを配置し、その下にデジタル表示のスピードメーターを装備。スポーティな気分を盛り上げてくれる。燃料残量計や時計も備わり、実用性や使い勝手も申し分ない

ABSモデルは、250ccロードスポーツモデルでは世界初となるコンバインドABSを採用。これはフットブレーキだけを踏んでも前後ブレーキを自動で適切な配分で効かせるというもので、ABSと併せて安全性が大幅にアップしている

リヤサスペンションは5段階調節のプリロードアジャスターを採用。ライダーの体重や用途などに合わせてセッティングが可能となっている。ちなみにフロントには正立フォークを採用している


RIDING POSITION & FOOT HOLD

●ライダー:身長178cm/体重78kg
シート後部が高くなっているため、またがるときに足を引っかけないように注意した。シートとステップの位置が若干近く感じるのでヒザの辺りに窮屈な感じがするけどシフトチェンジやブレーキは問題なく行なえた


フルカウルだけどシート高は780mmと標準的だし、シートも端が切り込まれていて足着き性は良好。両足のカカトまでしっかり着きさらにヒザにも少し余裕がある。ステップが少しふくらはぎに当たったのでズラしたけど支障はないレベル


●ライダー:身長178cm/体重78kg
シートに段差があるためタンデマーと干渉することはほとんどなく、ポジションにも変化はない。タンデマー側のシートが高い位置にあるため乗り降りの際にはバランスを取るのに少し気を付ける必要がある。足着きがいいので車体は支えやすい
●タンデマー:身長151cm/体重43kg
座面の広さはけっこう小さめな印象。ライダーとタンデマーで座る場所がしっかり分けられており、ライダーより高い位置に座ることになるが、グラブバーも装備され、ヒザで腰をホールドしておけるので“置いてけぼり感”は薄い


COLOR VARIATION

カラー:パールスペンサーブルー
カラー:アステロイドブラックメタリック

SPECIFICATIONS※[]のデータはABS

全長×全幅×全高
2,035×720×1,125mm
軸間距離
1,370mm
シート高
780mm
車両重量
161[165]kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC 4バルブ 単気筒・249cm3
最高出力
23kW(27ps)/8,500rpm
最大トルク
22N・m(2.3kgf・m)/7,000rpm
タンク容量
13L
価格
44万9,400円[49万9,800円]

STAFF’S IMPRESSION

マンボサイトー

マンボサイトーのインプレッション

単気筒でもやっぱりスポーツバイク!

以前サーキットで走ったことはあったけれど、街中での試乗は初めて。まずはゆっくりのんびり走ってみたのだけど、意外なことに強い印象はなかった。「あれ…? まぁ、普通の単気筒バイクだね…」という印象を受けてしまったことに自分でも驚いたのだけど、ちょっとスポーツ走行を意識して、高回転域まで回してみたらコレがオモシロい! 小さくてもスリムでも、やっぱりちゃんとスポーツバイクなんだなぁということをあらためて感じた。


ヤス子

ヤス子のインプレッション

初めての1台にオススメなモデル

なんて乗りやすいバイクなんだろうというのが第一印象。ハンドルはセパハンながら、前傾姿勢にはならず、シートの高さや形状もキツさを感じることはなく、身長151㎝でもラクなポジション。そのため、身長が低い人でも気負うことなくスロットルを開けられる。コーナリングもスムーズだし、雨の日にも走ったのだけれどABSシステムは安定感が高く、ブレーキング時の不安を軽減してくれた。初めてのバイクとしてもオススメの1台。


ヤクシジのインプレッション

スポーティな気分を味わえる!

ハンドルが下がり気味のため、停車時はやや腰の位置が高いように感じるけれど、ハンドルでしっかり車体を押さえていられる。走り出しではグイッと前に押し出してくれる力強さがあり、その印象は2速→3速→4速とギヤを上げても変わることがなく、気持ちよくスピードが伸びてくれるのだ。今回は街中での走行のみだったけれど、レーシーなスタイルとは裏腹にトガッた印象はなく、全体的にマイルド。250クラスでスポーティなスタイルを楽しみたい!という人にもってこいだと思います。