YAMAHA DRAGSTAR 400

YAMAHA DRAGSTAR 400
カラー:ダルパープリッシュブルーメタリックX(ブルー)

もはや代名詞的なベストセラーモデル

日本のアメリカン(クルーザー)というジャンルのなかで、もはや代名詞的存在と言っても過言ではないドラッグスター400。ロー&ロングのボディに空冷Vツインエンジンを搭載し、ミドルクラスを感じさせないほどのボリューム感が魅力だ。ボディデザインは、ライダーがまたがった状態も考慮しているそうで“自分に浸れる感”も満点。

今回使用したのは、ドラッグ系スタイルのDS4だが、これ以外にDSC4(ドラッグスタークラシック400)もラインナップしている。こちらは前後に極太タイヤを装備し、シートも前後とも厚みのあるタイプを採用。動力的なスペックに変更はないが、クラシカルな雰囲気が好きな人はそちらを選ぶといい。いずれにせよ、400ccで本格的スタイルを味わいたい人にとってドラッグスター400はこれからも高い支持を集めるに違いない。

DETAIL

タンクオンメーターが、本格的なスタイルを強調する。メーターの周囲はメッキで覆われており、青空や太陽を写し込む

一般的にイグニッションはトップブリッジ周辺にあるけれど、DS4はグースネック部分。初めてのときは少々探してしまうかも?

冷却形式に空冷を採用しているのもドラッグスターの特徴。シリンダーに細かく刻まれた冷却フィンが、造形美をただよわせる
マフラーはメッキの美しい右2本出しスタイル。あくまでも400ccという排気量の中ではあるが、アメリカンらしい鼓動感も演出されている

リヤタイヤの駆動方式は、チェーンではなくシャフトドライブを採用。メカニカルなルックスと、ほぼメンテナンスフリーなのが魅力だ
シートはリヤフェンダーに沿うような形状で、まるでアフターパーツのようだ。タンデムの頻度が高い人はカスタムするのもアリかも

RIDING POSITION & FOOT HOLD

●ライダー:身長175cm/体重75kg
シート高の数値は660mmと、思いっきり低い数値。足着きに関して悩むことはほぼないと言っていいだろう。ステップの位置も、標準体型であれば遠すぎるということもないはず。ただ車重はそれなりにあるので、信号待ちなど油断しすぎないように


●ライダー:身長175cm/体重75kg
タンデムシートもライダー側と同じく十分低いので、タンデマーもまたがりやすそう。運転感覚にもほとんど影響はなかった
●タンデマー:身長164cm/体重50kg
おおむね問題ないけれど、もう少し広いシート幅とつかまりどころが欲しい人は、バリエーションモデルの“クラシック”がオススメ


SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
2,340×840×1,065mm
軸間距離
1,610mm
シート高
660mm
車両重量
234kg
エンジン型式・排気量
空冷4ストロークOHC 2バルブ V型2気筒・399cm3
最高出力
22kW(30ps)/7,500rpm
最大トルク
31N・m(3.2kgf・m)/6,250rpm
タンク容量
15L
価格
81万2,700円
カラーバリエーション
ダルパープリッシュブルーメタリックX(ブルー)
ブラックメタリックX(ブラック)

STAFF’S IMPRESSION

マンボサイトー

マンボサイトーのインプレッション

ベストセラーなのも納得

何度も乗ったことがあるバイクだけど、いつもながら「やっぱり完成度の高いバイクだなぁ」と感じる。ルックスはかなり本格的だけど、乗り味は素直だし、シャフトドライブのクセなんかも感じない。高速道路も、ムリをせず走行車線をノンビリと走る方が似合うし、ビギナーにもオススメできるバイクだと思う。ただルックスと同様に車重の方も本格的なので、取りまわしのときや、極低速時にはうっかり倒さないように要注意。


KJのインプレッション

アメリカン入門にぜひ!

ロー&ロングの堂々とした車体は、「これで400ccか!」といつも思ってしまうくらい存在感があって、クラスオーバーという言葉がよくはまる。また、車体の各所で採用されているきらびやかなメッキパーツたちは所有感を高めてくれる。走りのフィーリングは全体的にマイルドだけど、パワー感はもちろん400cc相応のものがあって、どの速度域でも安心して走る。アメリカンのエントリーモデルとしてチョイスしたいね。


ヤシロのインプレッション

周りからの視線が…?

両足を前方に投げ出して堂々としたポジションがちょっとワイルドな雰囲気。街行く人からの視線もいつも以上に熱かった(気がする)。それだけ見た目も迫力あるアメリカンはやっぱりそのスタイルが売りなんだろうな。フロントフォークが長くてハンドル幅も広いためか、ちゃんと曲がれるかなという不安があったけど、実際は少し体重をかければ素直に行きたい方向へ曲がってくれるので、リラックスしてクルージングが楽しめました♪