BMWから313ccエンジン搭載のG310Rが登場!!

 

BMWより、同社のロードスターシリーズとしては初となる排気量400cc以下のモデル・G310Rが発表された。S1000RRベースのストリートファイター・S1000Rを彷彿させるアグレッシブなスタイリングに、水冷313cc単気筒エンジン&ハイグレードな足まわりで武装したG310R。その詳細をご紹介しよう。

まずは、新開発の水冷4ストローク DOHC4バルブ 単気筒313ccエンジンについて。ボア×ストロークはφ80mm×62.1mmの設定。注目は、シリンダーヘッドを180度回転させた後傾エンジンだという点。それにともない、前方吸気・後方排気のレイアウト(通常のエンジンは後方から吸気をし、前方から排気をする)とすることで、低重心化と重量配分の最適化に貢献している。最高出力は9,500rpmで34PSを、最大トルクは7,500rpmで2.8kgf・mを発揮する。

次に車体まわりに関して。車重はABSを標準装備としながら158.5kgに抑えられている(参考までに、水冷単気筒249ccエンジンを搭載するCB250F ABSの車重は161kgだ)。

鋼管スチールパイプフレームに組み合わせられるのは倒立フロントフォーク、アルミスイングアームなどのハイグレードな装備。リヤショックはリンクを介さず、スイングアームに直接マウントすることで軽量化に貢献している。

また、ABSを標準装備したブレーキまわりは、フロントにφ300mmのシングルローターと4ポットのラジアルマウントキャリパーを組み合わせる。リヤブレーキはφ240mmシングルローターと片押し2ポットキャリパーの構成だ。

スタイリッシュな形状の5本スポークが目を引くホイールは、フロントタイヤに110/70-17サイズを、リヤタイヤには150/60-17サイズのタイヤを装着。

シート高は扱いやすさを考慮し、785mmと低めの設定だ。また、ローシート(760mm)とハイシート(815mm)もオプションで設定される。

カラーバリエーションはホワイト・ブラック・ブルーの3色が展開予定。なお、生産はインドのTVSモーターの工場で行なわれるとのこと。

国内への導入時期や販売価格などの詳細はまだ発表されていないが、販売されること自体は間違いないので続報を楽しみに待ちたい。

 

 


SPECIFICATIONS

車名(通称名) G310R
全長×全幅×全高 1,988×896×-(mm)
軸間距離 1,374mm
シート高 785mm
車両重量 158.5kg
エンジン種類 水冷4ストローク DOHC4バルブ 単気筒
総排気量 313cm3
内径×行程/圧縮比 80×62(mm)/10.6
最高出力 25kW(34PS)/9,500rpm
最大トルク 28N・m(2.8kgf・m)/7,500rpm
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 11ℓ
燃料供給方式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ式
クラッチ形式 湿式多板
トランスミッション形式 常時噛合式6段
ギヤ・レシオ 1速 3.000
2速 2.063
3速 1.588
4速 1.286
5速 1.095
6速 0.955
キャスター 102.3mm
タイヤサイズ 110/70-17
150/60-17
ブレーキ形式 Ø300mmシングルディスク&4ポット ラジアルマウントキャリパー
Ø240mmシングルディスク&片押し2ポットキャリパー
懸架方式 テレスコピック、Ø41mm倒立フロントフォーク
アルミスイングアーム、ダイレクトマウントリヤショック
フレーム形式 鋼管スチールパイプフレーム
乗車定員(人) 2
メーカー希望小売価格 未定

 

BMWカスタマー・サポート
0120-55-3578
http://www.bmw-motorrad.jp