エンジンに改良を受けたKTM・690DUKE/Rの2016年モデルが登場!!

KTM・690デュークの2016年モデルは、車体デザインこそ新カラー&グラフィックの変更にとどまったが、その内面は大きな進化を遂げている。

690ccの水冷単気筒エンジンは、馬力&トルクともに向上したうえ、許容回転数が1,000rpmアップ。これにより、よりワイドなパワーバンド特性となり、扱いやすさが向上しているという。また、バランサーシャフトを従来のエンジンよりも1本増やすことで、振動の低減も実現した。

車体まわりに関しても、さまざまな変更が加えられている。オフセット量を従来モデルよりも少なく設定した新型のトリプルツリーを採用することで、コーナリングにおける安定性の向上も追求。またエキゾーストシステムは、形状はそのままに従来モデル比で1kgの軽量化を実現した。その他、シートはインナーフォームの素材・形状ともに見直され、より快適性&体重移動のしやすさが向上している。メーターにカラー液晶タイプを新採用している点も大きな注目ポイントだ。

なお、2016年モデルの690デュークは2016年4月より販売を開始。販売価格は95万円となる。

 

COLOR VARIATION

 

690 DUKE Rもモデルチェンジ!

 

ブレンボ製のモノブロックキャリパーや、WP製フルアジャスタブルサスペンションなど、よりハイグレードな装備を採用した690デュークRも同時にモデルチェンジ。アクラポビッチ製サイレンサーの採用により、最高出力は690デューク比で2PSアップの75PS/8,000rpmとパワーアップを実現。当然、690デュークにほどこされた変更もすべて受け継いでいる。

また、スタンダードモデルとの大きな違いとして、リーンアングルセンサー連動式のABSやトラクションコントロールシステム、3タイプ(スポーツ・ストリート・レイン)のモードセレクト機能、急激なシフトダウン時などに生じるリヤホイールのロックに自動で対処してくれるモータースリップレギュレーションを標準装備している。

なお、トラクションコントロールシステム・モードセレクト機能・モータースリップレギュレーションは690デュークにもオプションとして追加装着することが可能だ。

690デューク同様に、2016年モデルの690デュークRも2016年4月より国内での販売を開始。販売価格は690デューク比で25万円高の120万円となる。

 

 

 

SPECIFICATIONS

車名(通称名) 690DUKE
軸間距離 1,466±15mm
最低地上高 192mm
シート高 835mm
車両重量 152.5kg(半乾燥重量)
エンジン種類 水冷4ストローク OHC 4バルブ 単気筒
総排気量 690cm3
内径×行程/圧縮比 105×80(mm)/12.7
最高出力 54kW(73PS)/8,000rpm
最大トルク 74N・m(7.5kgf・m)/6,500rpm
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 14ℓ
燃料供給方式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ式
クラッチ形式 湿式多板
トランスミッション形式 常時噛合式6段
一次減速比/二次減速比 2.194/2.500
タイヤサイズ 120/70 R 17
160/60 R 17
ブレーキ形式 Φ320mmシングルディスク&対向4ポット ラジアルマウントキャリパー
Φ240mmシングルディスク&片押し1ピストンキャリパー
懸架方式 インナーチューブ径Φ43mm WP製倒立フロントフォーク
スイングアーム,WP製リヤショック
フレーム形式 クロモリ鋼管パイプ トレリスフレーム
乗車定員(人) 2
メーカー希望小売価格 95万円

※スペックは690DUKE 本国仕様

 

KTMジャパン

03-3527-8885

http://www.ktm-japan.co.jp