2014年度 軽二輪販売台数N0.1!! MAJESTY Sの人気の秘密とは?

新開発の155cc 水冷単気筒エンジンを、前後13インチホイールを採用したバックボーンタイプのフレームに搭載するマジェスティS。国内での販売が開始されたのは、2013年10月30日のことだ。 当時、PCX150がすでに販売を開始し、にわかに注目を集めていた原付二種以上、ビッグスクーター未満のスクーターという新ジャンルへとヤマハが送り出したマジェスティSは、瞬く間に売れっ子モデルに。2014年度の軽二輪(125cc~250cc) 新車販売台数(二輪車新聞調べ)で、7,220台(推定)を売り上げ、カワサキ・ニンジャ250などを抑え、堂々の1位に輝いたのだ。 新開発の水冷4ストローク OHC 4バルブ単気筒エンジンは、アルミ鍛造ピストンやメッキシリンダーなどの採用により、最高出力で11kW(15ps)/7,500rpm、最大トルクで14N・m(1.4kgf・m)/6,000rpmのエンジンパワーを発揮。足まわりには前後13インチホイールを採用し、フロントに120サイズ、リヤに130サイズのタイヤを履く。リヤショックは、250ccビッグスクーター・マジェスティ同様のプログレッシブピボットマウントとすることで、ダイレクトな操作感を追求したスポーティなパッケージングが特徴といえる。

 

メーターは中央にタコメーターを配置した3連タイプとし、スポーティさを演出。メーターのレイアウト一つ取ってみても、ライバル車であるPCX150がアイドリングストップ機構を搭載した燃費性能のよさをウリにしている(PCX150のメーターはタコメーターは付いていない)のに対し、マジェスティSはスポーティさをキーコンセプトとしていることが見て取れる。 もちろん、使い勝手もしっかりと考慮されていて、乗り降りのしやすいフラットなフロアボードや、容量2.7ℓのグローブボックス、32ℓの容量が確保されたシート下トランク、可動式のアルミ製コンビニフック、ワンタッチで開閉可能なタンデムステップなどを採用している。 マジェスティSとPCX150、両モデルを乗り比べてみるとわかるが、PCX150も相当に完成されたモデルではあるけれども、走りの上質感という点ではマジェスティSが一枚上手。その分、燃費性能ではPCX150に一歩譲るので、一長一短であるけれども…。その上質な走りこそが、マジェスティSの人気の秘密なのだろう。

 

2015年にはモデルチェンジを敢行

2015年9月10日に販売が開始された2016年モデルでは、カラーリングの変更とともに質感を向上させる小変更を受けている。具体的には、前後サスペンション設定の見直し、タンデムシートの厚さUP、ポジションランプ球の増加(片側6個→10個&レンズカット織り込み)といった変更を受けた。 カラーリング面でも、新色のレッドが追加されるとともに、ツートーンカラーを採用したSPバージョンが新登場。アンダーカウル部のカラーリングが変更され、ブレーキキャリパーもレッド仕上げとしたSPバージョンは、スタンダードモデル比で1万800円高の36万720円となる。

 

COLOR VARIATION

2014年モデル

 

2016年モデル

 

足着き性はどうなの?

シート高は比較的高めな795mmに設定されている。しかしながら、車体がスリムなので足を真っ直ぐ下ろすことができるため、一般的な体格の成人男性(モデルは身長171cm・体重67kg)であれば、足着き性に不安はないだろう。125ccクラスのモデルよりもひと回り大きく、安定感のある車体は余裕を持ったライディングポジションを与えてくれる。

 

ヤマハ発動機 創立60周年記念カラーも

2015年11月には、ヤマハ発動機60周年記念カラーをあしらったアニバーサリーモデルも登場。ヤマハスポーツバイク取扱店を窓口とした受注期間限定での販売となる本モデルは、イエローをベースにスピードブロックがあしらわれたレーシーな仕上がり。 予約受付期間は、2015年8月5日~2016年4月30日までとなり、販売価格はスタンダードモデル比で1万800円高の36万720円だ。 また、マジェスティSの他にも同様のカラーリングを採用したアニバーサリーモデルが多数販売されている。その他のモデルに関してはコチラでチェック。

 

※欧州仕様車の動画

 

SPECIFICATIONS

車名(通称名) MAJESTY S
型式 JBK-SG28J
全長×全幅×全高 2,030×715×1,115(mm)
軸間距離 1,405mm
最低地上高 90mm
シート高 795mm
車両重量 145kg
燃料消費率 WMTCモード値 40km/ℓ
定地燃費値 37.1km/ℓ
エンジン種類 水冷4ストロークOHC 4バルブ 単気筒
総排気量 155cm3
内径×行程/圧縮比 58×58.7(mm)/11
最高出力 11kW(15ps)/7,500rpm
最大トルク 14N・m(1.4kgf・m)/6,000rpm
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 7.4ℓ
エンジンオイル容量 1ℓ
潤滑方式 ウェットサンプ
燃料供給方式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ式
点火方式 TCI(トランジスタ式)
クラッチ形式 乾式, 遠心, シュー
トランスミッション形式 V ベルト式無段変速/オートマチック
ギヤ・レシオ 2.480~0.740
一次減速比/二次減速比 1.000/8.787
キャスター/トレール 26°00′/82mm
タイヤサイズ 120/70-13 M/C 53P
130/70-13 M/C 57P
ブレーキ形式 油圧式シングルディスク
油圧式シングルディスク
懸架方式 正立フロントフォーク
ユニットスイング式
フレーム形式 バックボーン
乗車定員(人) 2
メーカー希望小売価格 34万9,920円[SPは36万720円]

 

ヤマハ発動機お客さま相談室

0120-090-819

http://www.yamaha-motor.co.jp/mc