MVアグスタジャパンが、2016年 SWM・SLIVER VASE440 取扱い開始!!

MVアグスタジャパンが、新たにSWMの車両の取り扱いを開始する。 今回登場するシルバーベース440は、スクランブラースタイルが与えられたモデルで、ストリートからフラットダート路面の走行を想定しているという。カラーリングは、過去のSWMのモデルをオマージュしたモノとなっている。 エンジンは空冷4ストロークの単気筒 445.3cc(ボア×ストローク:90×70mm)を採用。そこへ、スチール製のダブルクレードルフレーム&フロント19インチ・リヤ11インチサイズのホイールを組み合わせる。フロントフォークはアジャスタブルのインナーチューブ径Φ43mm 正立タイプとし、フォークブーツを装着することで、レトロ感を演出。さらに、アップタイプのハンドルや、ゼッケンプレート風のカラーリングをあしらったサイドカバー、フラットなシート、アップタイプのサイレンサーなどを採用することで、スクランブラースタイルを表現している。

SWM(Speedy Working Motors)は、もともと1971年にイタリアで創業したモーターサイクルブランドだ。イタリアのエンデューロレースシーンを中心に、モトクロスやトライアルなど、オフロードシーンを中心に展開されていた。 その後、一度その歴史に幕を下ろすが、カジバやアプリリア、ハスクバーナなどのプロデュースに携わったAmpelio Macchi氏と、モーターサイクルの生産などを行なっている中国のShinerayグループが手を組み復活。2015年のEICMAでは、125ccから650ccまでのオフロードモデルのラインナップを披露している。 また、同時にセパレートタイプのハンドルやブレンボ製の対向4ポットキャリパーなどを採用したスポーティなパッケージングが特徴のグランミラノ440も販売が開始される。

 

カスタマイズパーツも開発中!!

クラシカルなイメージを演出してくれるレザー製のタンクバッグ&サイドバッグや、フロントバイザーなども開発中だという。さらに、国内での免許制度を考慮し、400ccモデルも併売される予定だ。詳細は今のところ未定となっているが、登場を楽しみに待ちたい。

 

SPECIFICATIONS

車名(通称名) SILVER VASE440
軸間距離 1,444 mm
シート高 822 mm
車両重量 148kg(乾燥重量)
エンジン種類 空冷4ストローク 単気筒
総排気量 445.3cm3
内径×行程 90×70(mm)
燃料タンク容量 22.5ℓ
始動方式 セルフ式
クラッチ形式 湿式多板
トランスミッション形式 常時噛合式5段
タイヤサイズ 100/90-19
130/80-17
ブレーキ形式 Φ260mmシングルディスク&片押し2ポットキャリパー
Φ220mmシングルディスク&片押し1ポットキャリパー
懸架方式 インナーチューブ径Φ43mm 正立フロントフォーク
スイングアーム,ツインショック
フレーム形式 ダブルクレードル
乗車定員(人) 2
メーカー希望小売価格 66万9,600円

 

 

MVアグスタジャパン

0538-23-0861

http://www.mv-agusta.jp

SWM本国サイト