MT-07ベースのスポーツツアラー・TRACER700が遂に登場!!

EUヤマハより、MT-07ベースのスポーツツアラー・トレーサー700が発表された。国内ではおそらく、MT-07 トレーサーとして販売されるであろうトレーサー700。EU仕様のリリース情報から、その全貌に迫ってみたい。 MT-07と共通のプラットフォームを採用するトレーサー700は、軽快なハンドリングが特徴のMT-07をベースに、ロングツーリングでの快適性をプラスしたモデルだ。手動調整式のスクリーンや、MT-07よりも4ℓ増量した17ℓ容量のタンク、ハンドガードなどを標準装備することで、ツーリング性能の向上が図られている。 それらの装備の追加に伴い、車両重量はABS仕様で196kgと、MT-07比で14kg増加している。しかし、MT-09 トレーサーの車両重量が210kgであることを考えると、アドベンチャー系モデルとしてはかなり軽量に仕上げられていることがわかる。 新形状の一体型シートには大型のグラブバーが装着され、タンデム時の快適性に配慮がされている。シート高はMT-07比で30mmアップの835mmの設定だ。ホイールベースは1,400mmから1,450mmに延長されたうえで、前後サスペンションのセッティングも見直され、2名乗車+荷物を積載した状態での高速域でのクルージング性能に注力されている。そのほか、フロントインナーカウル右側には12V DCソケットを備え、ハンドルバーにはナビなどのマウントに役立ちそうなブレースも標準装備されている。 欧州では2016年の7月初めにも販売が開始されるとのこと。国内への導入を楽しみに待ちたい。

 

COLOR VARIATION

 

MT-07と見比べてみると

プラットフォームを共通とするMT-07と見比べてみると、大きく印象が変わっていることがわかる。フロントカウルの装着に伴い、フロントフェンダーやタンク、シュラウドのデザインもリニューアルしている。さらに、一体型のシートを新採用しているため、テールカウルやタンデムステップも新デザインに。

 

MT-09トレーサーと見比べてみると

今度は、MT-09ベースのスポーツツアラーとして、トレーサー700に先駆けて登場したMT-09 トレーサーと比較してみる。独特な形状の2眼式ヘッドライトから、兄弟車であることがハッキリと伝わってくる。その一方で、全体的にスリムかつコンパクトにまとめられたトレーサー700のデザインは、視覚的にもその軽量さがアピールされている。

 

 

SPECIFICATIONS

車名(通称名) TRACER700
全長×全幅×全高 2,138×806×1,270(mm)
軸間距離 1,450mm
最低地上高 140mm
シート高 835mm
車両重量 196kg
エンジン種類 水冷4ストロークDOHC 4バルブ 並列2気筒
総排気量 689cm3
内径×行程/圧縮比 80×68.5(mm)/11.5
最高出力 55kW(74.8ps)/9,000rpm
最大トルク 68N・m(6.9kgf・m)/6,500rpm
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 17ℓ
エンジンオイル容量 3ℓ
潤滑方式 ウェットサンプ
燃料供給方式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ式
点火方式 TCI(トランジスタ式)
クラッチ形式 湿式多板
トランスミッション形式 常時噛合式6段
タイヤサイズ 120/70ZR17M/C(58W)
180/55ZR17M/C(73W)
ブレーキ形式 Φ282mmダブルディスク&対向4ポットキャリパー
Φ245mmシングルディスク&片押し1ピストンキャリパー
懸架方式 インナーチューブ径Φ41mm 正立フロントフォーク
スイングアーム,シングルショック
フレーム形式 ダイヤモンド
乗車定員(人) 2

 

ヤマハ発動機お客さま相談室

0120-090-819

http://www.yamaha-motor.co.jp/mc