【イベントレポート】BMW MOTORSPORT FESTIVAL 2017

BMWすべてを堪能できる総合イベント

ご存知のように、BMWはもともと二輪だけではなく、四輪メーカーとしても知られる世界的なメーカーだ。その同社が、初の二輪・四輪合同イベントとしてBMWモータースポーツフェスティバルを三連休の中日となる7月15日に開催。四輪はMシリーズを中心に、バイクは現行モデルを中心に多彩なラインナップを用意。二輪・四輪を問わず、モータースポーツファンに限らず、BMWファン全体に楽しんでもらおうという内容だ。

 

真夏日となったこの日、会場である富士スピードウェイ・フルコースでの試走会やレーシングライダー/ドライバーのトークショーとパフォーマンスショー、子ども向けプログラムも用意。家族連れの来場者も多かったが、奥さんや子どもたちも一緒に遊べるコンテンツが盛りだくさんで、誰もが笑顔ですごしている姿が印象的だった。また会場内には休憩スペースが数多く設置され、親子でゆったりと一日を楽しめる工夫が垣間見れた。

 

今話題のG310Rは、会場のあちこちで発見。試乗車に展示車にと、BMWのミドルクラスの顔としての存在感をアピールしていた。

 

開催日
2017年7月15日
開催場所
静岡県・富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町中日向694)
イベント主催者
BMW