【イベントレポート】トライアンフ東京が2万5,000kmの旅の終着点に

参加者すべてが日本を高く評価

お盆休み直前、4ヶ月に渡って約2万5000kmを走破したアドベンチャーツアーが、東京のトライアンフ東京での歓迎パーティーにて締めくくられた。ツアーを企画したのは、世界各地のモーターサイクルツアーを企画運営する英国のツーリング旅行会社“グローブバスターズ”で、4月22日に18人でロンドンエースカフェを出発し、ユーララシア大陸を横断して東京まで走り切ったのは7人だった(北京までが一区切りだったこともあり、そこでツアーを終了させた人も多かった)。

 

日本には7月29日に上陸し、出雲・萩・広島・道後温泉・高松・姫路・京都・下呂温泉・浅間温泉・甲府・下田といった国内で名のとおったスポットとワインディングロードを走ったこともあり、参加者はみな日本によい印象を持ったようだった。

 

なぜにゴール地点がトライアンフ東京?と思った人も少なくないと思うが、トライアンフモーターサイクルズがエースカフェとともにこのツアーを応援しているとなれば納得できるはずだ。それにしても4ヶ月間、約2万5000kmを一緒に走った仲間だけに、出身国もバラバラなのにすごく仲がよくて、見ている側が“冒険ツアーってとても楽しそう!”という気持ちにさせられた。ちなみにこの旅のもようは、グローブバスターズのフェイスブックなどで後追いできるので、気になった人は、そちらをチェックしてみよう。さらに、同じようなツアーを体験したいと思うなら、2019年の4月から7月にかけて、ロンドン〜北京までのツアーが予定されているので、そちらに向けて準備をしてみてはいかがだろう。

 

開催日
2017年8月9日(水)
開催場所
東京都・トライアンフ東京
イベント主催者
トライアンフモーターサイクルズジャパン