東京モーターショー2017 ホンダは自動バランスの電動バイクなど、計27台の二輪車を展示

スズキに続いてホンダからも東京モーターショー2017に出品する二輪車の概要が発表された。

注目のコンセプトモデルは、ヒューマノイドロボット技術を二輪車に応用し走行時にバイク自体が自動でバランスを保つという電動バイク・Honda Riding Assist-eを含めたワールドプレミアモデル4台。先ほど、惜しまれつつも生産を終了したモンキーの125ccバージョンもコンセプトモデルとして披露されるぞ。

またワールドプレミアとなる新型のクロスカブ110などを含む市販予定モデル6台、ジャパンプレミアとなるカスタマイズコンセプトモデル3台、歴代スーパーカブシリーズなどのヒストリーモデル6台もラインナップ。さらには市販モデル5台とレーシングマシン3台を加えた、計27台の二輪車を一挙に展示する予定だ。

 

東京モーターショーは2年に一度開催される国内外の二輪・四輪メーカーが集う最新モデルの見本市で、今年は東京ビッグサイトにて2017年10月27日(金)~11月5日(日)に開催されるぞ。

なお、特設サイトにて最新情報が公開予定とのことなので、気になった人はコチラもチェックしてみよう。

コンセプトモデル

Honda Riding Assist-e

スーパーカブ110 1億台記念車

スーパーカブ C125

モンキー125

市販予定モデル

スーパーカブ50
スーパーカブ110

クロスカブ110

CRF250 RALLY

CB1300 SUPER BOLD‘OR

CB400 SUPER FOUR

カスタマイズコンセプトモデル

CB1100 RS カスタマイズコンセプト

CBR250RR カスタマイズコンセプト

レブル250 カスタマイズコンセプト

ヒストリーモデル

スーパーカブC100(1958年)

ホンダ CA100(1962年)

ホンダ C310(1963年)

スーパーカブ C50(1966年)

CT110(1981年)

スーパーカブ50 スーパーカスタム(1983年)

市販モデル

レーシングマシン

RC213V(2017年 ロードレース世界選手権 MotoGP クラス出場車)

CRF450RW(2017年 全日本モトクロス選手権 IA-1クラス出場車)

COTA4RT(2017年 トライアル世界選手権 出場車)