2人の不仲説、再来…?

 

今回(No.113)の『比較検証ツーリング』では、最近やたらとセットで誌面に登場することが多いヤシロとKJが、ミドルとビッグバイクの検証をするべくツーリングに行ってきました! その全容は誌面でのお楽しみ…、ということで、ココではそんな検証ツーリングの舞台裏ネタをちょっと…。

今回、ビッグバイクオーナーでもあるヤシロが、“ビッグバイク”にかけてビッグな場所を目的地に選んでいたワケですが、その途中で茨城にある霞ヶ浦に立ち寄ったときのこと。日本一の規模ではないけど、それでも海のように広がる大きな湖の前で「ビッグ!」を体で表現したくて始まった私たちの闘い。「“動き”があった方が見栄えがイイよ!」なんて偉そうに言うKJが選んだ“種目”は組体操! 実はヤシロ、組体操ってやったことがなかったんです。組体操って運動会などの定番種目だと思うし、実際にタンスタ編集部スタッフのみんなも経験済みのようす。だけど、ここ最近の運動会から組体操や騎馬戦などの種目が減っている証拠に、ヤシロの幼少時代も“削除”された種目だったんです。というのも、滑落などの事故がちょうど増えていた時代で、“危険”という理由から結局、一度も経験しないままヤシロの青春時代は終わりました。なので、まずやり方も要領もわからないので、KJの指示を受けながらの組体操だったのですが…。これがまた難しい! だって組体操ってある意味、自分の体を預けるようなモノだから、相手を信頼していないとムリなワケで…。「ムリムリ! ムリだから!」というヤシロの叫び声とともに、写真のようななんとも中途半端な図式になりました(笑)。KJ、もっと頼らせてよ!と、すべてKJのせいにしてみたり。
いやはや、このロケで一番(!?)苦労したカットがコレとは…。以上、意外と体張ってます!アピールでした。

…いつかタンスタで騎馬戦とかもやっちゃうときがくるのかなぁ。あり得そうだから怖いです(笑)。

ヤシロのプロフィール

他のタンスタメンバーのキャラ名はみなモジっているのに、ストレートにヤシロと名付けられたことがいまだに謎なヤシロ。自分で自分のことを「ヤシロ!」と呼び(あ、だからか…)、刑事ドラマとかでよくある「はい、ヤシロ!」と電話に出るのが夢。ちなみに姉妹誌レディスバイクも担当域で、かわいい女子ライダーを見れば全力でダッシュできます。愛車はCBR600RR

この制作現場にあなたのコメントをどうぞ