タンデムスタイルNo.106の表紙のツボ

突然ですが「老眼」って知ってます?


 

老眼とは、眼は「近くを見る」ときに水晶体の形を変えるが、

このピント合わせ能力(調整力)が年齢とともに低下する現象のこと。

日本人の老眼になる平均年齢は、42,43歳頃といわれている。

 


 

もう、この平均値ドンピシャ!

クルマの中で地図が見にくいな〜と思ったことがはじまりで

その後、どんどん見えない度が加速していった。

 

遠くは今でもバッチリ見えます。

なんてったってアフリカの奥地で象を追いかけてたから(←ウソ)。

それに、家から90キロ離れている富士山頂で

登山者が手を振っているのが見えます(←大ウソ)。

 

でもね、なんだかとっても慣れない感じなのです。

いままでなんでもクッキリハッキリ見えていた世界だったのに

鏡に映る自分の肌がどーにも見えない・・・。

シミとかシワとかよく見えない。

軽く紗がかかってるみたいで、私ってキレイ・・・?

 

これってある意味、シアワセなのかも。

見ない方がいいものは見えなくていいという

神さまのイキな計らいなのかも?

 

もともと遠くがよく見える眼の人の方が

近く見るための調節の負担が大きくなり、

眼の疲れを引き起こす大きな原因になるそうです。

 

仕事はほどほどにしろってことですかね。やっぱり。

 

 


 

さて、今月の表紙のツボ。

今回はインプレ特集なのでバイクをたくさん並べることに。

 

 

 

 

う〜む。

こうなってくるとレイアウトというよりパズルの感覚に近い。

どう写真を並べて、どこにタイトルをもってきて、

アキはどこにつくるか。

こんなときは超超小さい画面で俯瞰で見ながら

ざっくりとレイアウトしてみる。

 

 

真ん中にタイトルかな〜。

文字が入るスペースもランダムな形がいいな〜。

 

 

位置が完成したらあとは色。

 

ロゴ青バージョン

 

 

ロゴ赤バージョン

 

 

ちょっとスッキリしすぎ?

あと特集タイトルの上の2点の写真が浮いてるような・・・。

 

写真の下は白地がいいから

ロゴのバックを赤ベタに、タイトルは一番上にしてみる。

 

赤オビ文字白抜きバージョン

 

 

全体がしまった感じ。

 

 

最後に写真の位置を入れ替えて完成

 

この表紙のツボにあなたのコメントをどうぞ