ツーリングに出かけるなら大容量かつスマートなSW-MOTECH『IONテールバッグ』をお供に!

SW-MOTECHってどんなメーカー?

ビッグスクーターオーナーを除き、バイクでツーリングに行く際に頭を悩ませるのは”荷物をどうするか”ということ。多くのバイクは荷物の積載をあまり考えて作られていないからだ。ドローコードを引っかけるためのフックは設けられているが、オーナーの創意工夫で積載を考えなければならない。こう書くと”面倒くさそう…”と思うビギナーもいることだろうが、安心してほしい。

 

というのも荷物の積載を考慮したバッグ類が、さまざまなメーカーからリリースされているから。多くのツーリングライダーは自分の愛機と、ツーリングスタイルを考慮して、自分に合ったバッグをチョイスしているのだ。ここで紹介するエスダブリュー・モテックも、豊富な種類のバッグをラインナップしているメーカーだ。

 

エスダブリュー・モテックはモーターサイクル用アクセサリーサプライヤーとして1999年設立された。活動拠点はドイツのラウシェンバーグ、生産拠点をチェコのブルノに構える。質の高いアイテム類が評価され、ヤマハ・スズキ・カワサキ・BMW・ドゥカティ・KTM・モトグッチと協力関係を構築し、共同で純正アクセサリーの開発や生産を手がけるほどに。もちろんオリジナルアイテムも積極的にリリース。それらを日本国内に導入しているのが、30年以上の歴史を持つアクティブだ。オリジナルアイテムだけでなく、海外からさまざまなアイテムを日本に導入し続けている。

ソフトタイプからハードタイプまで幅広いラインナップを揃えている

現在、日本国内で手に入るエスダブリュー・モテックのバッグ類は、ソフトタイプからハードタイプと多種多用。”これだけラインナップ数があれば、自分に合ったバッグが見つかる!”と思うほど。ここではその一部を紹介するので、詳細はアクティブのホームページで確認してほしい。

 

SW-MOTECH 公式ページ

 

新たに加わった”ION(アイオン)”テールバッグ

2019年に新たにエスダブリュー・モテックのラインナップに加わったのが”ION(アイオン)”だ。ソフトバッグ系になるが、テールバッグスやレジェンドギアと比べると、シンプルなイメージを受ける。ただよく見てみると、同色ながらポリエステルとビニール、二つの素材を組み合わせている顔と気づく。ちなみに昼間は目立たないが、夜間は光を反射するリフレクター効果を発揮するというすぐれモノ。

 

IONテールバッグは現在3種類がラインナップされる。容量が異なる”S” ”M” ”L”だ。”S”と”M”は容量を変えられるのが特徴のひとつ。日帰り・ロングツーリングなどツーリングスタイルで選べるのがうれしい。ちなみにどのサイズもメイン荷室には大きく開くジッパーが設けられ、持ち運びに便利なキャリングハンドルが装着されているので、使い勝手は良好。また紫外線に強い素材を用いつつ、内部には耐水性のコーティングがほどこされているのでちょっとした雨なら心配ない。ただし本降りに対応するレベルではないため、インナー防水バッグが付属している。

 

ION S

SW-MOTECH ION S

サイズ
33×29×10〜18㎝
容量
7〜15ℓ
重量
600g
価格
1万7,280円(税8%込)
ION M

SW-MOTECH ION M

サイズ
30×44〜54×30㎝
容量
26〜36ℓ
重量
1,500g
価格
2万2,680円(税8%込)
ION L

SW-MOTECH ION L

サイズ
30×70×30㎝
容量
50ℓ
重量
1,300g
価格
2万4,840円(税8%込)

 

ION Lを実際に使って感じたこと

今回は撮影のためにION Lを貸し出してもらったので、使い勝手を含めてレポートしよう。使用した車両は2019年式ヤマハ・YZF-R3だ。ライダーシートとタンデムシートが分割されているタイプだが、前後一体型シートを採用している車両でも使い勝手は大きく変わらないだろう。

 

2019年モデル YZF-R3にSW-MOTECH ION Lを載せた状態

 

付属のストラップをウインカーとタンデムステップホルダーなどに接続。そこからバッグ側のバックルに通す。荷物の量に合わせてテンションをかけると、バッグは動くことなく固定される。余ったベルトの端はくるくる巻いてストラップのゴムバンドに留めるとよりすっきりとする。ちなみに底面には滑り止め生地が使われているので、ツルツル滑ることなく安定し、走行中にバッグが動いたりすることもなかった

 

 

サイド振り分けタイプのソフトバッグは、場合によってテールランプを隠してしまうことも。隠れてしまうと、後方から追突される危険性が高まってしまう。今回バッグを装着させたYZF-R3を見る限り、その心配はなさそうだ

 

今回は左側に2泊3日分の下着を(Tシャツ・パンツ・靴下)、右側にカッパを入れてみた。もっと圧縮すればさらに左右荷室には荷物が入れられそう。上面は何も入れていないこと、左右サイド下部にもちょっとしたポケットが設けられているので、相当な量の荷物を積載できるだろう

 

シートバッグやサイドバッグを組み合わせる際、デメリットを感じることある。それは乗降車のときだ。なにも着けていないときと比べ、足を大きく振り上げなければならなくなってしまう。今回はタンデムシート面に荷物を載せなかったが、意識して足を上げる必要がなかったのは◎だった

 

SW-MOTECH 公式ページ

CONTACT

ACTIVE
問い合わせ先
アクティブ
電話番号
0561-72-7011
URL
https://www.acv.co.jp

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします