フラットシート仕様でトランク容量がアップ!2018年 アドレス125に新モデルが追加

 

2017年モデルで大幅に生まれ変わったアドレス125に、新たなバリエーションモデルとなるフラットシート仕様が登場。2018年3月30日より販売を開始する。

販売価格はスタンダードモデル比で5,400円高の22万1,400円だ。

 

画像左がフラットシート仕様

 

その名の通り、スタンダードモデルよりも段差の小さいフラットな形状のシートを採用することで、シート下トランクスペースの容量を拡大したモデルとなっていて、フルフェイスヘルメットの収納などもやりやすくなっているのがポイント。

なお、シート形状の変更に伴い、シート高はスタンダードモデル比で15mmアップの760mmとなっている。

 

また、ホワイト・ブラック・レッドというカラーリングはスタンダードモデルと同様だが、フラットシート仕様ではシンプルな専用グラフィックを採用している。

 

アドレス125の詳細はコチラの記事で!

 

SUZUKI ADDRESS125

 

COLOR VARIATION

 

SUZUKI Address125 フラットシート仕様 製品ページ

 

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします