YAMAHA TRICITY

短期集中連載TRICITYで行こう!
第2回 TRICITYならキャンプツーリングもOK!

No.
171
短期集中連載TRICITYで行こう!第2回 TRICITYならキャンプツーリングもOK!

企画を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.171(2016年6月24日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ
no171_tricity_01

トリシティが積載に強いワケ

no171_tricity_03

トリシティは前後の荷重バランスが非常にいい。というのも、多くのスクーターが採用するユニットスイングという車体構成は、後輪側にエンジンや駆動系といった重量物が集中するため、どうしても後ろ側が重くなる。そこへさらに大荷物を積んだり、2人乗りしたりするとさらにその傾向が強くなり、操縦安定性が悪い方へ変化してしまうことがある。ところが、トリシティの場合は、前2輪という独自の構造を採用しているため、前後輪の荷重が50:50と、とてもバランスがよくできている。つまり、キャンプ道具などの荷物を積んだところでたいして操縦安定性が変わらない。沢山の荷物を積んでも、いつもどおりの走りが楽しめるというワケなのだ。

no171_tricity_02

すばらしいのが、コレだけ荷物を積んでもコーナリングで荷物に振られたり、フロントの接地感が希薄になったりしないこと。おかげでワインディングもしっかり楽しめる

no171_tricity_04

荷物のキャンプ道具積載で唯一工夫が必要だったのは、荷物のかけどころがないこと。細引きを使って工夫してみた

no171_tricity_05

シート下容量は20リットル。ヘルメット収納に適したサイズだが、今回はテントとシュラフというキャンプ道具のなかでも大物を収納してみた

no171_tricity_06

前方はグラブバーの固定ネジにループを共締め、後方はシート裏にループを渡してフックのかけどころを作った

no171_tricity_07

49リットルの防水バックを積載するとこんな感じ。自作の荷かけループもなかなかいい具合で、ツーリングで不都合なし

SPECIFICATIONS※[ ]内はABS仕様

全長×全幅×全高
1,905×735×1,215mm
軸間距離
1,310mm
シート高
780mm
車両重量
152[156]kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークOHC 2バルブ 単気筒・124cm3
最高出力
8.1kW(11ps)/9,000rpm
最大トルク
10N・m(1.0kgf・m)/5,500rpm
タンク容量
6.6L
価格
35万6,400円[39万9,600円](税8%込)
メーカー製品ページ

http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/scooter/tricity/

※記事の内容はNo.171(2016年6月24日)発売当時のものになります